証券 K.2nd:( ^ω^)は塔を立てたようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > ( ^ω^)は塔を立てたようですTOP > 総合短編 > ( ^ω^)は塔を立てたようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)は塔を立てたようです   2008.07.26


「塔」と学校。
学校の屋上から伸びる、2本の鉄製ロープ。
1本は塔の頂上へ。
1本は塔の根本へ。

男は塔を立てた。
立てた男は言った。










( ^ω^)「これで登下校が楽になるNE!!!」





( ^ω^)は塔を立てたようです


('A`)「……高ぇ…」

ドクオは塔を見上げると、そう呟いた。

('A`)「…で、なんなのこれ?」
( ^ω^)「塔だお」
('A`)「正気かよ」


ドクオらの前に立つその塔は、
100メートルくらいあろうか、頂上はかすんでいた。


('A`)「何なのって聞いてるの」
( ^ω^)「…塔、…だお?」
('A`)「何困ってます感出してんだよ」


かみ合わない話にドクオは心底あきれてた。



( ^ω^)「塔でみんなの登下校を楽にしたかったんだお」
('A`)「…」
( ^ω^)「おかわり?」

いや、そこは、「お分かり?」だろ。
と心中で突っ込みを入れつつも、塔について思考した。

( ^ω^)「塔と学校の間を滑るんだお!!!」
('A`)「説明して」
( ^ω^)「ロープウェイだお!!!」


ようやくドクオは、人間の会話が出来たと思った。




('A`)「…ちょっと、高すぎね?」
( ^ω^)「できる限り位置エネルギーを稼ぐためだお」
('A`)「…お前にしては考えてるわけだ」


ドクオが珍しく褒めると内藤は素直に喜んだ。
手放しで喜んだ。
不快指数が高いな、と素直に思った。


('A`)「…へぇ。で、どこに着くの?」
( ^ω^)「学校の屋上だお」
('A`)「……」

行き先を確認すると、ドクオは言った。





('A`)「じゃあ、いってらはい」


噛んだ。




( ^ω^)「行くてくるお」
わざわざ噛みながら塔の頂上へと、
脇にある階段を登り始めた。

――30分経ち、ドクオの耳に微かに声が届いた。

「行くお~!」
('A`)「おう!」


直後、塔の頂上から肉塊がロープを滑って行った。

((((((((((( ^ω^)塔ゥ!!


('A`)「…本当に、学校に着きやがった……」
ものの1分。計31分。
さきほどまで目の前にいた肉塊が、
遠く霞む我が学び舎に着いてしまった。





('A`)「ジャンキーだぜ…」


意味を間違えた。



('A`)「…」
( ^ω^)「おっお!遅いお」
('A`)「悪いな」


お馬鹿な親友と再開したのは、10分後の話。


――放課後。
( ^ω^)「はいお」
('A`)「…これは」
( ^ω^)「お。それで滑るんだお」

ドクオは断る。

('A`)「回り道は嫌いでね」

とても格好良く。

('A`)「裏道なんて、ないのさ」



お馬鹿が、親友と再開したのは10分後の話。


おしまい

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。