証券 K.2nd:川 ゚ -゚)滅びの美のようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > 川 ゚ -゚)滅びの美のようですTOP > 前サイトでまとめたもの(短編) > 川 ゚ -゚)滅びの美のようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川 ゚ -゚)滅びの美のようです   2008.07.21

少し閲覧注意(流血的な意味で)
彼女は表情一つ変えることなく、俺に言ってきた。
俺はその彼女のクールさが大好きだ。が、これではまだ不十分だ。
俺は、右手に持った果物ナイフを逆手に持ち変え、振り上げる。
咄嗟にかわされてしまったが、彼女の衣服の一部を割くことに成功した。美しい。
彼女の表情に、焦りが生まれる。

川;゚ -゚)「もし、お前がそれで私を殺そうとしているのなら、今ならまだ間に合う。それを下ろせ」

しかし、ここは袋小路。無駄の一言に尽きる。
ただ、彼女の性格としてはありえないその表情が、ひたすらに美しい。
俺は、意識的に頬を引き上げ、他人から見て不気味な笑み、もしくは、狂った笑みを作り上げる。
そしてもう一度、当たるか当たらないかギリギリのところを狙い、ナイフを振るう。
しかし、何故かそれは彼女の腕の皮膚を掠めた。混乱しすぎて前に出てきてしまったのだろうか。
ハハハ、普段の彼女とは思えない、なんとも美しい光景だ。

……。そろそろ飽きたな。
ナイフを逆手から普通の持ち方に変え、表情を作るのもやめる。
そして、そのナイフを

自分自身の頚動脈にあて、まっすぐ横にスライドさせる。

川;゚ -゚)「……え?」

真っ赤に染まる彼女と、暗くなる視界。どうやら、自分の命が砕ける瞬間というのは見えないもののようだ。
手の感覚が消え、身体全体の感覚が麻痺し、深い闇に意識が沈み始め――

お題
・滅びの美


タイトルがつけられていなかったので、それっぽいのをこちらでつけました

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。