証券 K.2nd:川 ゚ -゚)は薔薇のようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > 川 ゚ -゚)は薔薇のようですTOP > 総合短編 > 川 ゚ -゚)は薔薇のようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川 ゚ -゚)は薔薇のようです   2008.07.20

川 ゚ -゚)は薔薇のようです

かつて、この地には大きな木があった。
気の周りでは小鳥たちが歌い、命を育んでいた。
彼の足元で私達は風に揺られ、太陽の光を体中で受け止める。
それだけで、私達は満足だった。

しかし、時代はそれを許さなかった。
時代は人々に自然を忘れさせ、人々は彼を切り倒した。
切り倒される間際、彼は懐かしそうに呟いた。

/ ,' 3「空が… 青いのぅ…」
その言葉を最後に、数百年生きた彼は地に伏した。
何故彼は悲しまなかったのだろうか?
彼の子供達は声を荒げて泣いた。
私達も彼の死に涙した。

それから時代が過ぎ、私達"姉妹"は土に還った。
それからどれほど時代が過ぎただろうか。
土に還ってからというもの、私は夢を見ていた。
懐かしい夢だ。

昔の私も夢見たものだ。
ありふれた日常を。
ただただ平凡で、幸せな日常を。

ある日、私を呼ぶ声が聞こえた。
今にも泣きそうなその声は、私の耳元から聞こえた。
しかし、私はその声に応えることができない。
私はもう、土に還っているのだから。

次の時代に子供を残すことなく、私は土に還ったのだから。
また悲しい思いをするくらいなら、私は土に還ったままがいい。

次の日、再び声が聞こえた。
泣きそうな、というより、泣きじゃくった声だ。
こりもせずに私を呼び続ける。

【何故泣いているのだ?】

たまらず私は問い掛けた。
しかし、声は届かない。
私は土に還っているから。

その次の日も声が聞こえた。
しゃっくりまじりのその声は、よく聞けばどこか懐かしい声だった。
私は再び問い掛けた。

【何故私を呼ぶのだ?】

しかし、声は出ない。
土に還っているから。

また次の日、私を呼ぶ声が聞こえた。
沈んだ声で私を呼ぶ声は、よく聞けば少女の声だった。
私は問い掛けることを止めた。
土に還っているから。

次の日、少女は私を呼ぶことを止めた。
その日私は考えることにした。
声の主は何故私を呼んでいたのだろうか?
分からない。


土に還っているから?
違う。
見えないから?
違う。
忘れているから?
違…う…

じゃあなんで分からない? 少女は理由もなく私呼ぶのか?
違う。

私に逢いたいから?
分からない。
私は逢いたい?
……



逢いたい。
逢って話をしたい。


次の日、私を呼ぶ声が聞こえた。
憔悴しきっているのだろうか、聞き取るのがやっとだ。

【私はお前に逢いたい。
お前は私に逢いたいか?】

私の問い掛けは届かない。
土に還っているから。

だが諦めない。
届くまで呼び掛ける。
しかしその日、私の声が少女に届くことはなかった。




次の日、声は聞こえない。
否、少女は確かに私を呼んでいる。
私が聞こえないだけだ。

土に還っているから。

どうすればいい?
私は彼女と話したい、逢いたい。
泣いている彼女を慰めたい。
彼女に涙は似合わないから…


え?
今私はなんと言った?
一度も逢ったことも、話したこともない相手に何故、涙が似合わないと言ったのだ?

しかし思い出せない。
土に還っているから。

その日、懐かしい夢を見た。
まだこの地に大きな木があって、鳥達が歌っていた頃の夢を。

ノパ⊿゚)「お姉ちゃん、お姉ちゃん!」

元気な声で呼び掛けているのは妹のヒートだ。
私はそれに優しく応える。

川 ゚ -゚)「どうした?」

ノパ⊿゚)「お姉ちゃんは私のこと好き?」

率直で可愛らしい質問だ。

川 ゚ -゚)「あぁ、好きだぞ」

ノハ*^⊿^)「えへへ~」

赤い顔をよけいに赤らめ、私に寄り添ってくる。
私も寄り添う。
今は遠い、幸せな日々。

次の日、めが少し見えてきた。
そのおかげか、少女の姿と声が分かってきた。

ノハ ⊿ )「……ちゃん」

しかし、まだはっきりとは分からない。
まだ芽が出たばかりの幼子だから。

次の日、少女は私に話し掛けてきた。
以前までの悲しげな声ではなく、少し元気を取り戻した少女の声。

ノハ ⊿ )「お姉ちゃん、お姉ちゃん」

どうした?


ノハ ⊿ )「後どれくらいで帰ってくるの?」

さぁな、私には分からない。
だけどな…

ノパ⊿゚)「?」

私は必ず帰る。
お前に逢うために。

ノハ*^⊿^)


半年後、人里離れた山奥の、大きな木の下で。
風に吹かれ、寄り添う二輪の薔薇があった。

一輪は太陽のように、恥じらう乙女の頬の色の薔薇。
もう一輪は、空と海の色をした薔薇。
まるで仲の良い姉妹のように寄り添うそれは、幸せな夢を見ているのだろう。

何故なら、見ているこちらが幸せになってしまうほど、微笑ましいのだから。


おしまい

お題
・赤い薔薇青い薔薇

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。