証券 K.2nd:七夕のようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > 七夕のようですTOP > 総合短編 > 七夕のようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕のようです   2008.07.11


七月七日、七夕の夜。
残念ながら、その日は雨だった。

( <●><●>)「これで良かったのは、分かってます」

吊す事も叶う事も無かった短冊を、私は破いて捨てた。
これで良かったのだ。
もし吊していたら諦められなかったかもしれない、だから、これで良かったのだ。

こんこんとドアをノックする音が聞こえた後、ドアは開いた。

( ><)「七夕出来なくて残念なんです」

( <●><●>)「そうですね」

嘘だけれど。
私とビロードは雨で歪んだガラス戸を通して曇った空を見上げた。

( ><)「そういえば僕、ちんぽっぽちゃんと付き合う事になりました」

えへへ、とビロードは笑い、空に視線を戻した。
雨音が心地良い。

( <●><●>)「ずっと分かってましたよ」

ずっと、分かっていた。
けれど、私は。



より一層大きくなった雨音の中に、掻き消えそうなくらいの小さい声で私は言った。

「彼女が好きでした」

幸いにもビロードに声は聞こえなかった。
ふと私がゴミ箱に目をやると、短冊が目に入った。

『思いが伝わりますように』

その短冊に秘められた恋は叶わぬ願いとなって雨に溶けた。

end.

お題
・雨
・ 叶わぬ願い
・秘められた恋

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。