証券 K.2nd:('A`)ドクオの罪のようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > ('A`)ドクオの罪のようですTOP > 総合短編 > ('A`)ドクオの罪のようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)ドクオの罪のようです   2008.07.06


罪とは何ですか?

人が人を殺しても、それは、他の生物の間では
普遍的な、日常茶飯事なことではないのですか?

誰かが言った。



罪とは何ですか?



('A`)ドクオの罪のようです




ドクオは、夕日色に焼けた自分の家を見て安堵した。
やっと帰ってきた。これでもう安心だ。
生まれた時から引きずる足を、精一杯動かして玄関についた。
学校の鞄からカギを取り出しながら、今日一日を思い出す。

('A`)「今日も」

('A`)「馬鹿にされたなぁ……」

カギの回り切る手応えを感じて、ノブに手を掛ける。

その時ドクオの手に小さな電流が流れた。

('A`)「っ…。ついて、ないなぁ……」




自宅に戻り、鞄を投げ、うまく動かない足にイラつきながら、
部屋着に着替えるためにズボンを脱ぐ。

瞬間、油断したドクオの片足は、ズボンに引っ掛かり、

(;'A`)「うおっと!!!」

ベッドの縁にその頭をぶつけた。

(;'A`)「いってぇ~……」

痛みに悶え、床を転げ回る。
痛みを緩和しようと額をさする手に、何かを感じた。

(;'A`)「…あれ…?」

('A`)「血……」

('A`)「……」

(;A;)「…ぇっ……うっ……」

(;∀;)「…ははは……あっはははは……!!!」

(;A;)「あはははははは!!!!」




J('‐`)し「…あら。ドアが開いてる。帰ってきてるのね、ドクオ」

ドアを開けて、家に入れば、学校指定の靴があった。

J('‐`)し「ドクオ、ただい」

「あははは!…はは!」

一階にある彼の部屋からは、酷く悲しい笑い声が響いた。


珍しく聞く息子の笑い声に、嬉しさを感じながらそのドアを開く。

J( 'ー`)し「どーしたのよ、ドクオ」

(;A;)「あはひはははは!!!ああああああ…ぅえ!」


彼は、泣いていた。

目、鼻、額。あらゆる液体を流しながら、こちらを見た。

(;A;)「えぐっ…うう……」

とっさに母親は。
脊髄反射のように母親は。
彼が生まれた時から、いや、彼といっしょに
「産まれて来ざるを得なかった」ルールを吐き出した。

J(#'‐`)し「泣いちゃいけません!!!」


その一言は、彼を壊したんだ。




(#;A;)「あああああああああああ!!!るせえ!!!」

トランクス姿の彼は、手当たり次第に、
まくら、丸まったティッシュ、靴下、プリント、
そして奇声を投げ血を投げた。

(#;A;)「おまえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

J(#'‐`)し「人のせいにするんじゃないよ!私は何にも」

(;∀;)「お前だよおぉああああ…はははははは!!!」

(;∀;)「…は…はは…!は…」

(;A;)「うぅ……っぐ……ぇ…」




J('‐`)し「だから……どうしたの?」

血を流す理由のわからない母親は、
さきほどから無口な息子に、傷の手当てをしながら問いかけた。

('A`)「……」

彼の頬にある涙の跡がまっすぐなのに気付いた母親は、
息子の目がとてめ濁っていることにも気がついた。

ドクオの目は、こんなにも濁っていたかしら…。

J(#'‐`)し「言わないと、わからないのよ!」

ドクオの目に、怒りの灯が宿った。




('A`)「お前」

J(#'‐`)し「な……なによ」

('A`)「お前」

はっと、母親は、このケースが過去に幾度も有ることを思い出す。

J(;'‐`)し「ア…アンタ…足のせい…なの…」

(;A;)「ぅぅぅぅぅぅ…うっ…ううう…」

(;A;)「ねえ…なんで僕だけ」

学校では「俺」なのにな、と考えながら、禁句を吐き出した。




(;A;)「足が動かないの?」




(;A;)「もう学校で馬鹿にされるのは、いやなんだ」

(;A;)「う………!うう…くそ!!!くそおおぉ!!!」

息子は、強く、強く、自身の足を叩いた。

アザだらけの足を、強く、強く。

J(;'‐`)し「アンタ…自分でやったの!?」

J(;'‐`)し「答えなさい!!!」

(;A;)「馬鹿にされるのは、いやだよおぉ……」


母親は、息子の足に、明らかに
「蹴り」によるアザがあるのを見つけた。




J('‐`)し「私…の…せいな…の?」

J(;‐;)し「ごめ……っ…ん…ね…」

(;A;)「もう馬鹿っに………されっ…たくない…」

J(;‐;)し「ドクオっ……ごめ…気付…て…あげられ…なくて」

「ごめんね………!」


心の奥に、しまってあったその言葉を。




J(;‐;)し「普通に産んであげられなくて、ごめんね」



その夜、親子は、「罪」を認めあった。

母親は、普通を産めなかったことを。

息子は、物を投げたことを。




息子は、自分の存在を。


「産まれてきて」

「ごめんね」


……。

「いいえ…産まっ…て…きて…っくれて…」


「ありがとう……」



J(;‐;)し「あなたが私の、幸せ、なの」


終わり

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。