証券 K.2nd:( ・∀・)白い部屋のようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > ( ・∀・)白い部屋のようですTOP > 総合短編 > ( ・∀・)白い部屋のようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ・∀・)白い部屋のようです   2009.05.04

( ・∀・)

ここで昔話。

僕は高校三年生の夏に、遅いながらも志望大学を定め、ただひたすら勉強に邁進した。


夏の夢、秋の孤独、冬の雪、春の花

これが高校最後の一年の全てである。
冬の後に春が来て、本当に良かったと思っている。

だって、人生の一番楽しい時期を犠牲にして得たものが、花ではなく闇だとしたら。

想像するだけで寒気がする。もしそうなればぼくはきがくるっていただろう。


(-@∀@) 「             」

ただひたすら机に向かい、先生にこびへつらう毎日。
睡眠より自主学習の時間が多い毎日。

早くから進学先が決まった人を尻目に、春の花を待った。


そんな日々を過ごす中で、僕は不思議な夢を見たんだ。

( -∀-)

深夜の暗さを持つ世界。
五感のうち、聴覚だけが働きを保っていた。

上から、後方から、カルテから、避雷針から、ボールペンの中から、歌が聞こえた。



君はおりこう
みんな知らないけど

君はおりこう
みんな知らないだけ



やけにハイトーンな、耳障りな歌が聞こえる。
誰を風刺したものなのか。


君はおりこう
みんな知らないけど

君はおりこう
みんな知らないだけ

君はおりこう
僕も知らないけど


なつをしらないきみとわすれたぼく

ぼくはきみ きみのはるはやm



( ・∀・) 「*+‘{:#119@:;」

奇声を上げて飛び起きた僕。
今の夢は誰の夢だ。


急に実体の無い恐怖に囚われ、テレビを付ける。
今、人気だという恋愛ドラマの再放送が放映中だった。

しばらく放心状態になりつつも、ドラマを見る、見る、見る。
全てを犠牲にしてきた僕と、対照の世界がそこでは展開されていた。

( ・∀・) 「あなたが好きです」

何気なしに劇中の台詞を真似し、発する。失われつつある何かを補完するかのように。

”遂に秘めた想いを伝えることが出来た”

”夕焼けが、真っ赤に染まった私の頬を隠してくれた”

主人公のナレーションが入る。僕の顔は青ざめていた。

羨ましくないましね羨くい羨なまくい。しな


( ・∀・) 「*+‘{:#119@:;」

奇声を上げて飛び起きた僕。
今の夢は誰の夢だ。

急に実体の無い恐怖に囚われ、テレビを付ける。
お金が無いので付けれない。それかカードを誰か私に。

白いベットに黒い吐瀉物を撒き散らしながら、ぼくはこーるする。だれを


( ・∀・) 「*+‘{:#119@:;」

奇声を上げて飛び起きた僕。
今の夢は誰の夢だ。

真っ白い部屋がカルテがボールペンがアルツトが僕を睨む。
コードのないラジカセ。開かない窓。出ないお湯。

ああ、そうだ。ここは。

                         end



お題
・夕焼けが、真っ赤に染まった私の頬を隠してくれた
・冬の雪、春の花

・ 君はおりこう
みんな知らないけど

君はおりこう
みんな知らないだけ

君はおりこう
僕も知らないけど

なつを

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。