証券 K.2nd:( ・∀・)イ从゚ ー゚ノi空の穴のようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > ( ・∀・)イ从゚ ー゚ノi空の穴のようですTOP > 総合短編 > ( ・∀・)イ从゚ ー゚ノi空の穴のようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ・∀・)イ从゚ ー゚ノi空の穴のようです   2009.04.11



夕闇迫る目抜き通り。僕たちは馴染みの喫茶店へと向かっていた。


通りでは、たくさんの人がたくさんの荷物を持って歩いている。

そして、いろいろな人がいろいろな顔でいろいろな話をしていた。



建物の影を踏みながら歩く君。時折、こちらを振り返ってはいたずらっぽく笑った。

...( ・∀・)イ从゚ ー゚ノi
やがて目的地に着く。店先には顔馴染みの猫達。会釈する。ニャオ。


白く煙る十一月の寒さは厳しいらしく、それぞれが身を寄せ合っていた。

(,,゚Д゚)(*゚ー゚)ノパ⊿゚)



適度な明るさに調整された店内には、僕たちを除いて六人の客が居た。誰もが上品そうな顔つきをしている。
誰かは政治の、誰かは経済の、また誰かは仕事の話をしていた。


僕はコーヒーを、彼女はそれにレモンケーキを加えたセットを注文した。
窓から外を眺める。先ほどの猫と目が合う。僕らはしばらく交信を交わしていたけれども、ふと目を離した瞬間に居なくなっていた。


( ・∀・) |    (゚Д゚,,)

( ・∀・) |    disappeared...


やがて注文の品が机上に届けられる。僕はまずコーヒーを、彼女はケーキに手をつける。君が食べ、僕は飲む。


イ从゚ -゚ノi 「この店のケーキ、ちょっと味が落ちちゃったね」

と、彼女は少し残念そうに言う。そうなの、と僕は気の入っていない返事をした。



店を出た。暮れ行く空から、暮れた空に変わっていた。
行き交う人々は影となって、個性を無くしている。

ねぇ、と彼女が僕の肩を叩く。続けて、あれを見て、と天を指差す。








イ从゚ -゚ノi 「まるで空の穴みたいね」

空には几帳面な数学者が描いたような輝く満月。
月特有のおしとやかさは影を潜め、ささやかなミラーボールのように僕らに月光を届けた。


ねぇ、と彼女が月に見惚れる僕の肩を再び叩く。猫のような目を輝かせ、こう言った。

イ从゚ ー゚ノi 「ドライブしましょうよ、自転車で」


( ・∀・) 「月光ドライブか、悪くないね」


高校の頃はよく二人乗りしてたよね、と重ねて僕が彼女に言うと、あなたは昔はもっとスマートだったよね、と返された。
少しばつの悪そうな顔をした僕を見て、彼女は微笑む。それからお互い顔を見合わせ、笑いあった。


空には星が咲いていた。


...( ・∀・)イ从゚ ー゚ノi
                      end



お題
・ミラーボール

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。