証券 K.2nd:( ・∀・)うたかたの夢のようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > ( ・∀・)うたかたの夢のようですTOP > 総合短編 > ( ・∀・)うたかたの夢のようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ・∀・)うたかたの夢のようです   2009.04.11


( ・∀・)

その日は朝から夜だった。
曖昧な世界。

行き先も定まらず、ひたすら歩いた。


顔見知りの猫と会釈する。ニャオ。

猫は街を横切る。
僕は街を見回す。

( ・∀・) 「まるで、コンクリートの森みたいだ」
( ・∀・)

その日は朝から夜だった。
あい曖な世界。

空ではウィルスだらけの鳩が飛ぶ。飛ぶ。


万感の風を受けながら、歩いた。僕はなだらかに死に向かっていた。

( ・∀・)「別に悲しくは無いのさ」

ダウト。


( ・∀・)

その日は朝から夜だった。
あいまいな世界。

・・・・・・かなかなかなかなかなかなかなかな・・・・・・

こんな時間にひぐらしがなく。夜だというのにひぐらしとはこれいかに。

・・・・・・かなかなかなかなかなかなかなかな・・・・・・

ビルに止まるひぐらし。僕はいささか混乱しつつも、歩き続けた。

・・・・・・かなかなかなかなかなかなかなかな・・・・・・ぽとり


( ・∀・)「ダウト


( ・∀・)

その日は朝から夜だった。
あいまいなせ界。

やがて僕は雑踏に呑まれ、どの方向に歩いてるのかさえわからない。

交差点に着いた。

カッ カッ カッ

バス停に着いた。

* * * *
* * * *
* * * *
* * * *

交差点は足音だらけで、バス停は足跡だらけだった。


乗客のいないバスに乗り込む。運転手は異邦人だった。
いや、僕が異邦人だったのかもしれない。運転手を絞め殺した。

乗客が一人増えた。それはエスキモー。僕はアウトロー。


彼が問う。なぜ殺したのかと。

綺麗な満月を指差しては僕はこう言った。

( ・∀・)「だって太陽が眩しかったから」



( ・∀・)

その日は朝から夜だった。
あいまいなせかい。

バスのステレオから突然流れ出す音楽。
前世紀の曲だろう。

桜の散りざまと、人生の終わりを掛けた歌が流れる。

轟々たる川の流れを歌う曲が流れる。

青いりんごと赤いりんごをテーマにした歌が流れる。


運転手はエスキモー。

( ・∀・)「いつか歌われた、グリーンアップルの叶わぬ恋。口づけはない」

( ・∀・)「タラタラッタッタタラッタッタ」


( ・∀・)

その日は朝から夜だった。
曖昧な世界は止まる。

やがてバスは知らない場所に停まる。
現在地を示すボードには桜の名を冠した地名。

知ってる。


イ从゚ ー゚ノi、

美しい少女が僕を出迎えた。エスキモーは砂漠に帰った。
夜桜ちりちり、舞い落ちる。

イ从゚ -゚ノi、 

花びらは散る。脳裏に泣き顔の彼女。思い出した、確かあれは。


( ・∀・)「夜桜とやさしい暗闇と僕と君」

違う。

( ・∀・)「揺れる月と、揺れない僕、揺れる君」

違う。


( ・∀・)「舞い落ちる桜の花びらで思い出す、あなたの涙……ぜひ抱き合いたくなるようなシチュだね」


散った花を跨いで歩き、彼女に手を伸ばす。消えた。


月のうたかたのライトも消え、僕もやはり、それに倣った。

明瞭な世界は進む。


( ・∀・)

   ∀

          end


お題
・乗客のいないバス
・舞い落ちる桜の花びらで思い出す、あなたの涙
・綺麗な満月

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。