証券 K.2nd:クールとシュールとお昼ご飯のようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > クールとシュールとお昼ご飯のようですTOP > 総合短編 > クールとシュールとお昼ご飯のようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クールとシュールとお昼ご飯のようです   2008.12.27


川 ゚ -゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「やあ、毎度恒例、御昼のランチタイムだ」

川 ゚ -゚)「うん、そうだな。隣のクラスの素直シュールさん」

lw´‐ _‐ノv「本日のゲストはこの方! ダラダラダラダラダラダラ……!」

川 ゚ -゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「ダン! 米!」
川 ゚ -゚)「私の記憶が正しければ一学期からずっと米なんだがな」

lw´‐ _‐ノv「……私の米が食えんのか!」

川 ゚ -゚)「そうとは言っていない。事実、一学期から休日を除いて毎日御馳走になっている」

lw´‐ _‐ノv「うむ、実に作り甲斐がある」

川;゚ -゚)「お、お前これ手作業で作った米か?!」

lw´‐ _‐ノv「勿論だ」

川;゚ -゚)「信じられん……いや、実に美味しいお米だ、これは」

lw´‐ _‐ノv「そうだろうそうだろう。私の愛と憎しみと脂汗が籠っている」

川;゚ -゚)「出来れば次からは後半を省いてくれ」

lw´‐ _‐ノv「……分かった。消費者のニーズに応えるのもプロのサーファーとしての勤めだ」

川;゚ -゚)「お前の家の田んぼには波が立つのか……?」

lw´‐ _‐ノv「多少な。しかしそのお蔭でこれだけの米が出来るのだ」

川 ゚ -゚)「そうか。まぁ、それならそれで良い。そういえば、米は何で出来ているんだろうな」

lw´‐ _‐ノv「この米か?」

川 ゚ -゚)「ああ。水分とタンパク質と……あとアミロース、くらいしか知らんが」

lw´‐ _‐ノv「レゴだ」

川 ゚ -゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

川;゚ -゚)「……ん?」

lw´‐ _‐ノv「レゴだよ、それは」

END


お題
・「わしの米が食えんのか!」

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。