証券 K.2nd:( ^ω^)ここは闘技場のようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > ( ^ω^)ここは闘技場のようですTOP > 総合短編 > ( ^ω^)ここは闘技場のようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ここは闘技場のようです   2008.12.24


( ^ω^)ここは闘技場のようです


 雨は降らない。
 乾いた風だけが、何年もこの地を吹き抜けていた。
 荒野。
 茶色の地平線と、雲一つない空の堺。
 一つの建造物がそこで存在を叫んでいる。

 ここは平和な世界。

 ここは平和な地獄

 ここは平和な天国

 ここは平和な闘技場。
 目を開くと、太陽の下にいた。
 周囲では観客がざわめいている。
 円状に広がった舞台。向かいにもう一人見える。
 
( ^ω^)「おっおっお、ドクオ! ふるぼっこにしてやんよ!」

 僕は先に声を出して向かいに話かけた。

('A`)「うるせぇ、この前負けたのはブーンの方だろ!」

 向かいの男。細い体に低い身長。
 彼は大柄な僕とは正反対の体格だった。
 もっとも、それで完全に不利と言う訳ではないが。

( ^ω^)「さぁて、始めるかお!」


 僕は背負った大剣を握り、真横に振り払う。
 風が空間を揺らした。

('A`)「ああ、一瞬で終わらせてやるさ!」

 ドクオは腰にさした刀を抜き放つ。
 揺れていた空気が切られ、無風の舞台に僕達は駆けだした。

 歓声。

 観客達の声で再び空間が揺れる。
 僕達の距離はどんどん縮まる。
 やがて舞台の中央で互いの剣が迫る。

 衝撃。
 僕の真横からの一撃とドクオの真上からの一閃。
 火花を散らせながら、砂を巻き上げながら、衝突した。
 ドクオは力をながし、僕は力任せに、二人とも硬直する。
 
 だが、この鍔迫り合いは僕の勝ちだ。
 力で劣るドクオが後退を始める。
 
('A`)「ちっ!」

 ドクオが更に一歩下がる。
 力が緩んだ。
 同時に僕は大きく一歩踏み込む。

(#^ω^)「うおおおおぉッ!!」

 地面に叩きつけた右足を軸に大剣を振り抜く。
 金属が弾ける音。
 ドクオが壁に向かって吹き飛んだ。 
 僕はそれを追う。

 だがドクオは空中で一回転し刀で勢いを殺す。
 上手く停止しながら構えをなおす。

('A`)「やれやれ。 新しいのを試すか」

 ドクオは壁を背にして僕が来る前に刀を鞘にしまい、体を沈める。

(#^ω^)「叩き斬る!」

('A`)「その前に避けられるか?」

 肩に背負った大剣を振りかぶる。
 次の瞬間、ドクオの体が大きくなった。

(;^ω^)「!?」

 閃光が視界を埋めた。
 僕の大剣がずれる。目の前に、ドクオが居る。

 ドクオの小さい呼吸と同時に僕の左手が飛んだ。
 鈍い痛み。
 案外慣れないものだ。

(;^ω^)「ぐっ!」

 振り抜かれてはずの刀が既に鞘に収められていた。
 次の閃光。
 今度は左腕が吹き飛んだ。

 血のしぶきの中、ドクオが口を開く。

('A`)「な?避けられないだろ? ほれ、もう一発」

 左肩が飛ぶ。
 慣れたと思っている痛みが大きくなっていく。
 同時に攻撃にも慣れてきた。

( ^ω^)「っと!」

 右足を振り上げドクオを踏み台に向かいの壁に飛ぶ。
 右肩に大剣を担ぎながら。

 僕が間合いから外れた事で刀を閉まったまま止まる。
 
 壁を蹴り、一瞬で間合いを詰める。


('A`)「!」

 僕の斬撃をドクオの刀が迎え撃つ。再び、火花が散った。
 僕の勢いは死んでいない。
 そのまま腰を捻り左足をドクオの刀身に叩きつける。

( ^ω^)「……!」

(;'A`)「……!」

 折れた。
 ドクオの刀の半分が宙を舞う。

 僕は更に上半身を捻る。
 左足の勢いを乗せて大剣をドクオに振り放つ。
 
 血しぶきが視界を覆った。

(A )「…」

 ドクオの首がその視界の中で回っていた。
 僕が地面に着地し、遅れてドクオの首が落ちてきた。

 僅かの間、その首を眺めて観客に向き直る。
 
 右手の大剣を掲げた。


 再びの歓声の中大剣を背負い直す。

( ^ω^)「…おっおっお! 僕の勝ちだお、ドクオ!」

 徐々に歓声が小さくなっていく。

(A )「…あーあ、そうですねー」

 首だけのドクオが口を開く。
 会場から人々が『消えて』いく。

('A`)「結構自信あったんだけどな~。 あの技」

( ^ω^)「良い技だけど僕には使えんお」

('A`)「知るかよ。 お前体術なんか使えたか?」

( ^ω^)「ジョルジュから盗ったお!」

('A`)「ああ。 俺も槍術辺り、クーから盗むかな」

 もう観客席には誰もいない。
 二人だけの部隊にアナウンスが響く。

『本日の第404闘技、405闘技、406闘技を終了します』

『各闘技場プログラムのラーニングが終了するまでお待ちください』

『すでに終了している405闘技のプログラム二名はマザーサーバーに転送します』

『次の闘技は一時間後です。観戦ありがとうございました』

 最後の一言が終わると同時に僕達の体が光の泡に分解されていく。

( ^ω^)「お、じゃあまただお!」

('A`)「おう。 次は武器変えてると思うぜ」


―彼らは戦う―

―意味も、疑問も無く―

―それは彼らにとって悲しむべき事なのか―


( ^ω^)「おっおっお、この僕に勝てるとでも?」


―これはある世界の姿―

―人間と呼ばれる存在が消えた世界―

―ある遺跡での、平和な日常―


('A`)「バカヤロウ、次はふるぼっこにしてやんよ」

 僕達は光の中でいつもの様に笑った。 
 そして、荒野の闘技場から全てが消えた。

雲一つない空、何も無い地平線。
 一つの建造物がそこで存在を叫んでいた。
 
 ここは平和な世界。
 
 誰もいない世界の、誰かがいた名残。
 
 ここは平和な地獄。
 
 互いの思いをぶつける地。
 
 ここは平和な天国。
 
 笑顔の絶えない理想郷。
 
 ここは平和な闘技場。
 
 さあ、共に踊ろう。


( ^ω^)ここは闘技場のようです




お題
・ふるぼっこにしてやんよ
・鍔迫り合い
・飛び蹴り
・('A`)「な?避けられないだろ? ほれ、もう一発」

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。