証券 K.2nd:僕らの先生!のようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > 僕らの先生!のようですTOP > 総合短編 > 僕らの先生!のようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らの先生!のようです   2008.12.24


(*゚∀゚)「なーなー」
( ・∀・)「ん、何だい?」

(*゚∀゚)「今日新しい先公来るんだってさ」
( ・∀・)「3日か…早いね、前回は確か1週間だった」
从 ゚∀从「最長記録は33日さね」

(*゚∀゚)「と言うわけで作戦会議だ!
     次の先公どうやって追い出すか考えようぜ!」
( ・∀・)「それは先生を見てからだろ
      先生によって効果的な追い出し方は違うよ」
从 ゚∀从「まぁ、モララーの言うとおりさね」

(*゚∀゚)「えー…」
( ・∀・)「それより、どんな先生が来るか考えない?」

(*゚∀゚)「あ、それいいかも!」
从 ゚∀从「フン、先生なんて皆一緒さね」
( ・∀・)「そうかな? つーはどう思う?」

(*゚∀゚)「んー…
     …二つ括りで眼鏡でジャージで
     ヤクザの家系だったら面白れーな」
( ・∀・)「ハハッワロス」
从 ゚∀从「ごくせんだろそれwww」

(*゚∀゚)「んだよ…そんなん考えるだけ無駄なんだよ
     よーし見てろ、オレが入ってきたと同時に追い返してやるよ!」

( ・∀・)「はいはい、頑張りなよ」

――トン、トン、トン…


(*゚∀゚)「お、敵さんおいでなすったぜwww
    …そんじゃま、行くとするか… アヒャヒャッ!」
从 ゚∀从「ちょっと待ちな」

(*゚∀゚)「なんだよー」
从 ゚∀从「アタシが行くよ…アンタだけに手柄渡すのはシャクさね」

(*゚∀゚)「えー…」
( ・∀・)「そうだね、たまにはハインが行きなよ」

(*゚∀゚)「…まぁ、モララーがそう言うなら…」
从 ゚∀从「へへ、そんじゃアタシが…」



( ・∀・)「お、箒持ってドアの前に立った」
(*゚∀゚)「ぶっ叩くのか…単純すぎね?」
( ・∀・)「まぁまぁ、武力行使は一番効果的だよ?」


――トン、トン…

(*゚∀゚)「お、足音大きくなってきた」
( ・∀・)「そうだね、一体どんな先生が来るのかな?」


从 ゚∀从「へへ…」


――トン

( ・∀・)「…お」
(*゚∀゚)「足音が止まった…」


从 ゚∀从「……。」
(*゚∀゚)「……。」
( ・∀・)「……。」



――ガラッ

(*゚∀゚)「!」
( ・∀・)「お」

从 ゚∀从「ヒャッハ…」



从;゚∀从「…あ?」


バキッ!

バキバキバキ! グシャッ!

(;*゚∀゚)「なっ…」
( ;・∀・)「何だあ!?」

从 ∀从「ギャァァァァァァー!!」


(;*゚∀゚)「!?」
( ;・∀・)「おいおい、あの悲鳴は尋常じゃないぞ…」



(*゚∀゚)「…見てくる」
( ・∀・)「待て、つー…危険だ」

(*゚∀゚)「けど!」
( ・∀・)「様子を見るんだ…」




――トン、トン…


( ・∀・)「は、入って来る…」
(*゚∀゚)「…ゴクリ」



――トン


( ;・∀・)「な…!」
(;*゚∀゚)「あ、あぁっ!?」



     _|_           ─っ
     _|_    ──っ   __/_ノ   ─/─
      │           (ノ  ノ    ∠-‐、
       ヽ_ノ                     )
             ー---'             ノ
                       ,, --──--、、
                _,, --─‐,r'           \
             ,r'"               ____,,,,,   ,___ヽ 
          /               ´,ニ。=,  ,=。ニ、',
           , ィ                 .´ ̄´ノ i` ̄` ゙
       ,r' /                   ´/  )    i
        ノ ,イ                    ノ. ^,;^.ヽ   !
     // ,'    ..::'"⌒ヽ、              ,-三-、   ,' 
   / /  !:.         ゙、               ""   ノ
   ( (   |:::..        i::.                  <  
   ヽ、)  !::::...          !::::...       ゙、::..       ゙ 、      
       人:::::::..        ゙、::::::::.......___,,ゝ、:::..      ヽ      
      /::::...\::::::....       ヾ ̄ ̄    /::::..ヽ、:::..      \ 
     ,'::::::::::::....ヽ、:::::....       ゙、    ノ::::::::::::::...\::::...    ヽ 
     〈:::::::::::::::::::::/`ヽ、:::::.....    〉   〈:::::::::::::::::::::...人:::::::::.....   〉   
     `ー─一'"    `ー─一'゙     `ー-一'"   `ー─一'゙



(;*゚∀゚)「うわ、わ、あわわわわわ…」
( ・∀・)「なるほど…」

(;*゚∀゚)「なな、な…何だよ!
     何でそんなに冷静なんだよお前!」
( ・∀・)「…いいから…逃げるぞ!」
(;*゚∀゚)「はぁっ!? ちょ、ちょ、おま――」






――。


( ・∀・)「よし…ここまで来れば大丈夫だろう」
(*゚∀゚)「な…何だよ、何で逃げんだよ…」

( ・∀・)「いいかい、よく聞くんだ
      アレは先生なんかじゃない、アレは――」

(*゚∀゚)「アレは――?」


( ・∀・)「僕らを処分するために送り込まれた人食い獣“もこみち”だ」

(*゚∀゚)「いや意味わかんねぇ」


( ・∀・)「いいかい?」
(*゚∀゚)「よくはねーけど…話は聞くよ」

( ・∀・)「この学校は変わろうとしている」
(*゚∀゚)「そーいや、1年2年は頭良いヤツ多くなったよな」

( ・∀・)「それだけじゃなくて…
      …3年も、僕らのクラス以外は皆学力が上がってる」
(*゚∀゚)「どう言うことだ?」

( ・∀・)「つまり――
      僕らはこの学校の中で唯一の“癌”だ」

(*゚∀゚)「癌…?」

( ・∀・)「更正させようと何度も先生を送ったが、
      しかし――僕らは更正しなかった、だから――」
(;*゚∀゚)「それで消そうってのか…でもさ!
     アレは何なんだ!? ハインはどうなった!?」

( ・∀・)「ハインが跡形も無く消えていただろう」
(*゚∀゚)「そうだけど」

( ・∀・)「アレはもこみちに丸呑みにされたんだよ」
(;*゚∀゚)「もこみちに…?」

( ・∀・)「もこみちを倒す方法は無い、このまま逃げよう」
(*゚∀゚)「そうだな、逃げよう」

逃げました。


――こうして、僕たちのクラスは
僕とつーを除いた全員がもこみちに丸呑みにされ、壊滅してしまった。



もこみちはその後二度と僕らの前に現れなかった。




――が、怖いんだ。


もしかしたらもこみちは、まだ僕らの事を探してて、
それでいつか見つかった日には――



そう言えば、買い物に出かけたつーが遅いな。
一体どうし――




                       ,, --──--、、
                _,, --─‐,r'           \
             ,r'"               ____,,,,,   ,___ヽ 
          /               ´,ニ。=,  ,=。ニ、',
           , ィ                 .´ ̄´ノ i` ̄` ゙
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ おわり

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。