証券 K.2nd:冬休みのようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > 冬休みのようですTOP > 総合短編 > 冬休みのようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬休みのようです   2008.12.19



( <●><●>)「明日からは」
(*‘ω‘ *)「冬休み!」

(*><)「なんです!」
( <●><●>)「生き生きしてますね」

(*‘ω‘ *)「そりゃあそうだっぽ!」

(*><)「クリスマスにお正月、楽しみなんです!」

(*‘ω‘ *)「前みたいに三人で集まってやるっぽ!」

(*><)「そうなんです、ワカッテマスくんもちょっとは喜ぶんです!」

( <●><●>)「あー……すみません、無理です」

( ><)「えっ?」

(*‘ω‘ *)「どうかしたのかっぽ?」

( <●><●>)「塾があるので……」




( ><)「また塾なんです?」

(*‘ω‘ *)「忙しいっぽね」

( <●><●>)「受験生ですから……っていうか貴方達も同じでしょうに」

(;><)「ぼ、僕はワカッテマスくんに教えてもらうんです……」

(;*‘ω‘ *)「わ、私も……」

( <●><●>)「……仕方無いですね」


 溜め息を吐けば、それは白いモヤになりました。
 そんな登下校の最中、話題は冬休みについてです。
 明日からは待ちに待った冬休み、予定を練っている二人ですが、生憎私は忙しくて参加出来ません。


( ><)「でもワカッテマスくんは凄いんです」

(*‘ω‘ *)「そうだっぽ、勉強頑張るなんて偉いっぽ」

( <●><●>)「そういうものですかね」




 本当なら、二人ともっと遊びたいですし他にもやりたい事は沢山あります。
 けれど現実は厳しくて、大人がそれを許しません。
 『将来の事』ばかりを考えて、ただひたすら勉強を繰り返して、良い学校に行って良い就職先に就いて、それだけを目指すのです。

 いつまでも好きな事ばかり出来ない事くらいわかってます、でもまだ私にはやりたい事が沢山あって。
 きっとそれは大人になってしまったら出来ないのでしょう、だから今の内に好きなようにしたいのに。
 多分、今の機会を逃したらもう一生そのチャンスはありません、けれど。

 未来だけじゃなくて、今も大切に生きたい、それは単なる子供の我儘でしょうか。


(*‘ω‘ *)「――ワカッテマス?」

( <●><●>)「え、あ、はい?」

( ><)「僕達はこっちですから、ここでさよならなんです!」

(*‘ω‘ *)ノ「また今度っぽ! ばいばいっぽ!」

( <●><●>)「ええ、さようなら」


 私は二人の楽しそうに話す声とその背中を見て、少しだけ悲しくなりました。




 二人は昔から仲が良くて、私もそれを見守っていました。
 ですので、何も感じないはずなのです。
 けれど、疎外感や羨ましさが、自分でも分かる程に込み上げて来ているのです。


( <●><●>)(今日も明日も明後日も塾ですか……)


 受験生も楽じゃありません。
 一年生の頃から、いやもう中学生の頃から塾は日常の一部で。
 好きな事をする暇も無くて、今更、こんな大事な事に気付きました。

 きっとあの二人は、自分なりの生き方があって、頑張って生きているのでしょう。
 そんな何の変哲のないものが、私にはとても輝いていると感じます。
 私はそれに、気付くのが遅かったのでしょう。

 もう少し早く気付いて、好きな事を好きなだけやって。
 そうして今に至っていたら、何か変わったかもしれません。
 ……これ以上考えるのは、止めておきます。


从'ー'从「あれれ~ワカッテマスくんがいるよぉ~」

( <●><●>)「……え?」




从'ー'从「やだなぁ~私の事忘れちゃったのかな~?」

( <●><●>)「え、えーっと渡鍋さんでしたっけ……」

从'ー'从「読みは合ってるけど漢字は違うよ~」

( <●><●>)「あ、渡辺さんですか」

从'ー'从「そうだよ~」


 ふわふわと髪を揺らして、現代人とは思えない程にゆっくりとしたペースで話すこの女性。
 名前は渡辺さん、私より一つ年上で、高校では部活の先輩でした。


( <●><●>)「どうしました?」

从'ー'从「ん~? 何かねぇ、ワカッテマスくんってば難しい事考えてるみたいだから~」

( <●><●>)「確かにそうですね」

从'ー'从「良かったら聞くよ~?」


( <●><●>)「……ではお言葉に甘えて、少しだけ」




 ※ ※ ※


从'ー'从「なるほどね~」


 彼女はおでん缶を握り締めて、ふうっと息を吐きました。
 相談料に、と私が買ったものです。
 公園のベンチに腰掛けて、私も彼女と同じ缶を買って蓋を開けました。


从'ー'从「そうだな~、大人になったら出来ないって訳でも無いかもねぇ」

( <●><●>)「と言うと?」

从'ー'从「働かなきゃ万事解決だよ?」

( <●><●>)「ああ……」

从'ー'从「ま、言いたい事はそういう事じゃ無いって、ちゃんと分かってるから安心してね~」


 本当に分かっているのでしょうか。
 天然で有名な彼女の事ですから……と多少心配混じりに次の言葉を待ちました。




从'ー'从「何でもね、不可能は無いんだよ~、でもね、大人になればどうしても難しくなっちゃう事ってあるんだ~」

( <●><●>)「私みたいに、ですか」

从'ー'从「そうそう、だからやっぱり早い内にしておくって大切だよねぇ」

( <●><●>)「……」

从'ー'从「だけどね~きっと遅かれ早かれ絶対に出来ないなんて事は無いから、自分のペースで良いと思うんだ~」

( <●><●>)「……ふむ」

从'ー'从

从;'ー'从「……あ、約束してるんだった! ごめんね、また今度会おうねー!」

(;<●><●>)「あ、は、はい」


 まだ話の途中にもかかわらず、彼女は急に思い出して走り去って行きました。
 相変わらず不思議な人です……。
 でも何となく、分からなくも無かったりします。


( <●><●>)(……)




(*><)‘ω‘ *)『メリークリスマスッ!』

( <〇><〇>)


 入る家を間違えた? いやタイムスリップでもした? ん、あれ?
 いやここは間違いなく私の家で、日付もまだクリスマスには程遠い、はずです。
 ならば何故、二人が居て、更にはクリスマスパーティが開催されているのでしょう。

 分かる訳がねーよ。


( <●><●>)「……産業で」

( ><)「ワカッテマスくん
      忙しい
      今やればいい」

(*‘ω‘ *)「ちなみに新年会も兼ねておりますゆえ」

( <●><●>)「とんだパーティだなおい」


 こたつでメリークリスマスは流石の私もその発想は無かったわとしか言えません。




( <●><●>)「大体何でこんな早くに……しかも飾り付けとか準備万端も良いところですよ」

( ><)「ワカッテマスくんのお母さんに頼み込んだんです!」

(*‘ω‘ *)「ずっと前から忙しかったっぽ? だから今日くらいは休んでも良いって言ってくれたっぽ」

( ><)「一ヶ月前から計画してたんです!」

(*‘ω‘ *)「渡辺先輩にも足止め頼んだんだっぽ」

( <●><●>)「マジですか」

(*><)「ほら、ケーキもあるんです、ワカッテマスくんもこたつに入るんです!」


 本当はビロードが食べたいだけちゃうんかと、と言い掛けましたが飲み込んでこたつに入りました。
 きっとこれからの冬休み、ほぼ毎日が塾で大変になるのでしょうけど。
 それもまたそれで、楽しみを生み出せれば良いんじゃないか、と。

 そう思いました。


从'ー'从「あ、ケーキだあ~」




「渡辺さん何処から入ったんですか……あと約束は?」

「そんな事言ったかなぁ~?」

「ワカッテマスくんケーキ食べないんです? 僕が食べるんです」

「あ、ちょ、やめろ、渡辺さんもちんぽっぽちゃんもビロードもたからないで下さい」

「そう堅い事言わずにっぽ」

「まだまだケーキは沢山あるよ~」

「だったらそっち食べて下さい」

「じゃあ僕二個目食べるんです!」

「ビロード私にも二個目くれっぽ」

「あれれ~私の苺が無いよ~?」

「貴女が食べたんでしょう」


おわり。



 
お題
・渡鍋さん
・こたつ


COMMENT

携帯からだとワカッテマスが反映されてませんよ
ただの()になってます

2008.12.20 | URL | #- [ 編集 ]

指摘㌧㌧
修正しまつ

2008.12.20 | URL | K. #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。