証券 K.2nd:ブーンはブラボーのようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > ブーンはブラボーのようですTOP > 前サイトでまとめたもの(短編) > ブーンはブラボーのようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーンはブラボーのようです   2008.12.16

「ぶらぼー」


──そう、聞こえたような気がした。


「……ん?なんかいったかお?」


窓の外の景色から、目線を外す。その瞬間、僕の視界は白に埋め尽くされた。


「……」


そう錯覚するまでの、白色の使用比率が高い部屋。


「ね、ヒート?」


それは病院。


「何かいったかお?」


僕はたずねる。 だが、いつもと変らずに、彼女は眠るだけ。瞼は閉じられ、あのつぶらで生き生きと輝くような瞳は見れない。


「だおね」

僕は呟く。

「そんなわけ……うん、気のせいだお」


うんうんと頷きながら、再度、僕は窓の外の景色に目線を移す。


「……綺麗だお」


僕はこの景色が好きだ。
だがなぜこんなにも愛しい人が苦しむ場所で、こんなにも綺麗な景色が見えるのか。皮肉にもほどがある。




「皮肉ってなんだお」

僕はまた呟く。

「挽き肉かお?だったら僕は三色丼とか好きだおw」

頭の中で、あの三色に分かれた丼を思い浮かべた。

「………じゅるり」

なんかお腹減った。

「ヒート。今日は僕もう帰るお」

いまだ白いベットに眠る彼女に話しかけながら、イスに掛けていた上着を羽織る。

「……おっ」

だがふと、自然に。なんとなくだが思い付いたことがあった。

「おっおっおっ」

何気ない動作で、僕の上着の胸ポケットから、一つの携帯を取り出した。


それは、折り畳み式のちょっと型が古いもの。だがまぁ安心してほしい。一応、この携帯は電池パックは抜かれているので使用できない。大丈夫。多分。

「……」

僕はしばし、その鈍く光を反射させる携帯のボディを見つめ、

「これは…ここに置いていくお」

近くにあった机の上に携帯を置いた。コトリ、と小さく音をたてる。

「じゃあね、だお」


僕は最後に、彼女の安らかな表情を浮かべる顔を見つめて、その場から立ち去る。


「ぶらぼー」

「……!」

病室のドアの取ってに手をかけたところで、またあの声が聞こえた。

「……」

──ような気がした。

「僕は大丈夫だお」

僕は呟く。

「何も心配はいらないお」

何もない空間へ。僕は呟く。
「───だから……」

気にしないでいい。僕は弱りそうな心に、そう勇気づける。〝彼女はどうして眠っているか〟なんて、それはもう僕にとっては死語でしかないから。

「さよならだお。ヒート」

僕は別れをつげなければいけない。

「……」

前を見て歩かなければならない。


「……」

ドア開いて一歩、踏み出す。
「ぶ──」

また聞こえた。

だが僕は歩みを止めない。もう一歩、足を踏み出した。

体はもう広い廊下にある。背中で自動にドアは閉まっていく。

「ブーン」

「!…ヒー……トッ!?」


僕は振り向いた。が、ドアはちょうど閉まった。視界は白いドアが映るばかり。

「ヒート…ッ!」

僕はドアの取ってに手をかけた。いますぐにでも彼女の顔見たかった。いや、違う。すぐに彼女を〝確認〟したかった──

「……ヒート」

だけど、だけど、だけど─────……



「っ……」

僕はだらりと手をたらす。ゴツン。と頭をドアにぶつけ寄りかかった。

「なんでだお……」

僕は呟く事しか出来なかった。うなだれて悲しみの言葉を吐く事しかできなかった。

「……」

思い出す、彼女の言葉。


「ブラボーはアホだな!!」

舌足らずで、ちゃんと僕の名前を言えない彼女。

「ブラボー!!!めしはまだかぁぁ!!」

小さい体ながらも、元気が漲る瞳は、側にいるだけで僕も元気づけられた。

「──ブラボー…」

笑うと、とてもとても可愛い──我が娘。





「うぅ……」


僕はついに立っていられずに、その場にしゃがみ込む。


「ヒドいお…うっぐす…こんな…うぅ…」


握り締めた拳から、鈍い痛みが走る。でも、力を抜くことはない。さらに強くと、力をこめる。


「なんで……っ!何でいまなんだお…!ちゃんと…ちゃんと生きてるときに…ッ!!」


ここが病院ということはとっくに忘れ、大声で泣き叫ぶ。

「うぉぉおおおお!!!」







おわり

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。