証券 K.2nd:そして誰もいなくなったようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > そして誰もいなくなったようですTOP > 前サイトでまとめたもの(短編) > そして誰もいなくなったようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして誰もいなくなったようです   2008.12.16


シャリ、
ジャリ、
何者かが、砥石に刃を当てている。
シャリ、
ジャリ、
にこやかに、砥石で刃を研いでいる。




シャリシャリ

シャリシャリ

どこからか音がする。

浮浪者だろうか。

それとも、ただの金欠の庶民だろうか。

みすぼらしい格好をした老人が、何かを重そうに引きながら、歩いている。

シャリシャリ
シャリシャリ

老人は、にこやかな顔を、皮膚に張り付けている。





シャリシャリ
( ・∀・)「~♪」

目の前から、若い男が歩いて来た。

シャリシャリ

(  ∀ )
老人は、張り付いた笑みを一層濃くした。
シャリシャリ、シャリシャリ

目の前から来た男は、すれ違い様に老人とぶつかった。

シャリシャリ

( ・∀・)「…。 ~♪」

男は一瞬、老人の方を見たが、それだけで、再び歩き出した。

シャリシャリ




老人は、未だ、笑っている。

シャリシャリ、

シャリシャリ

笑っている。

シャリ


笑っている。

男を見て、笑っている。


シャリシャリ、

にこやかに

ジャリ


楽しそうに。






ガリ





ゴリっ









(;・∀・)「えっ…?」
男は、一瞬、腹を見て、崩れ落ちた。
男は、痛みに顔を歪めて、崩れ落ちた。

老人は笑っている。

前よりも、つい先ほどよりも、深く深く、笑っている。

男は、もう息をしていない。

老人は、笑っている。

シャリシャリ、シャリシャリ、

呼吸の音はしない、
老人は、呼吸をしない。

辺りに人影は無く、老人は歩き出し、夜の闇に消えていった。





老人は消え、
男は死に、

そして、誰もいなくなった。

誰も、誰もいなくなった。



おしまい

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。