証券 K.2nd:川д川あの目は空を映していたようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > 川д川あの目は空を映していたようです TOP > 前サイトでまとめたもの(短編) > 川д川あの目は空を映していたようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川д川あの目は空を映していたようです    2008.12.11

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい
ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい
ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい
………






目を開けると澄み切った空が浮かんでいた。
でも、その眩しいほどの青以外はすべて黒で縁取られている。

川д川 ここは…どこ?

意識を完全に取り戻してはじめて口にする疑問。
だが、その問いに答える者はいなかった。

ここはどこだろう…
もう一度問う。
今度は自分の頭の中でだ。
しかし、見当もつかない。
左右を見渡す。


……


ああ、そうだ……
私は……
川д川あの目は空を映していたようです

* * *


(´・ω・`) 貞子…、僕が悪かった。全て僕のせいなんだ。

川д川 痛い… お父さん、やめて……


気が狂ったかのように父は私の首を絞める。

(´・ω・`) お前を生んでしまった僕のせいなんだ……

川д川 いや……ごめんなさい…

父の手に力が篭る度、意識は朦朧としていく。
でも、涙だけはしっかり出ていた……


今日私は力を使ってしまった。
そのせいで人が何人も死んだ。

ううん、私のせいじゃない。
だって、あいつらが……





ξ゚⊿゚)ξ『せんせーい!私、貞子が財布盗むところ見ましたー』



( ^Д^)『あーッ!財布めーっけ!!』



(=゚ω゚)ノ『お前が犯人だったのかよぅー!!』



違う……私じゃ……


( ´∀`) 『これは困ったモナねー……じゃあ、親御さんに連絡するモナよ』

「あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ
 あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ
 あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ
 あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ
 あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ
 あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ
 あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ
 あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ、あやまれ
 あやまれ………


信じて、私じゃ……



ξ゚ー゚)ξ『クスクス……』

ああ、こいつか……
こいつが私を……


憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎
憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎憎
怒怒怒怒怒努怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒
怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒
呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪
呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪
怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨―――……




『いやああああああああ!!!!!!』


『ツンちゃん!!??』


『貞子だー!!貞子が殺ったんだ!!!!!』



みんな死ねばいい……

涙が止まらなかった。
今こうして生を終えようとしているのに……
悔しくて悔しくて……


(´・ω・`) ごめんなー貞子……
     僕があの女なんかと出会わなければ君は生まれなかったのに。
     僕を許してくれ……


お母さんの事、悪く言わないで。
でも、声が出なかった。
必死に叫ぼうとしても力が入らない。

そして、意識が消え始める。
何もなかった私の人生。
何もなく消える私の人生。

もう嫌…

こんな世界、


呪ってやる




* * *


私は死んだのだろうか?
いや、こうして意識がある。

きっと私が死んだと勘違いした父がこの"井戸″に捨てたんだろう…

でも、あのまま死ねばよかったんだ。
私の人生何もなかったんだし…
私はとうとう父にすら捨てられたのだし。


また涙が溢れる。
もう流すことがないだろうと思っていた涙。
でも、止まらなく流れ続ける。


私は生きていた。
でも、ただそれだけ……
今、私は生きているだけ。
この井戸の中でただ死を待つだけなんだ……


上を見上げる。
空が映っていた。

いつもと変わらない。
私は闇の中でただひたすら空を見続ける。
きらきら輝くみんなを見ていたあの頃と同じように。


いいなあ……
うらやましいな……
なんで私はああじゃないんだろう……
なぜ私は濁っている!?

いつの間にか夜になっていた。
もうここは私の世界。
全ては一色の黒に包まれる……


呪おう私の運命を

呪おうあの青空の下に生きる者たちを



私の目にはもう空は映っていなかった―――……


おわり

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。