証券 K.2nd:踊るようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > 踊るようですTOP > 総合短編 > 踊るようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊るようです   2008.12.08


瓦礫に

木の枝に

くもの巣

そう、ここは廃墟
味気の無い灰色の廃墟
そこに二つの人影

( ^ω^)「……。」

ニヤケ顔の男は口にバラを咥えCDプレイヤーを持っている

('A`)「……。」

ヤツレ顔の男は風呂敷を背負っている




  踊るようです



静かな廃墟の雰囲気に合わない二人が
じっと睨み合っている

( ^ω^)「……始めるかお」

('A`)「かかって来い」

( ^ω^)「……ではお先に失礼」

ニヤケ顔はラジカセのスイッチを入れた
そしてゆっくりと足を前に出す

ダンダダダン

ニヤケ顔は地面を踏み鳴らす

ニヤケ顔は歌う

ニヤケ顔は腕を振る

 ヒュッ ヒュッ

 ジャンジャカジャンジャンジャカジャン…

('A`)「……シギリージャと来たか…」

シギリージャ

それは、フラメンコの一つだ
どこか悲しげな歌と
リズミカルなステップが
独特な深みをかもし出す

 ジャンジャカジャンジャンジャカジャン…

いつしか男の手が燃え出した
その炎は渦を巻き
敵を捕らえる

('A`)「……なるほど」

もう一人も足を踏み出した

('A`)「……じゃあ俺は」

背中の風呂敷を取り払う


('A`)「……タンゴでいくかな」

川 ゚ -゚) 〔田〕

等身大の人形とラジカセが現れた

タンゴは本来二人で踊るものだ
でも、この男には一緒に踊るようなパートナーは居ないのか…
毎日毎日人形と踊ってるわけだ

(_^ω^)>「(なんか可哀想な奴だお…)」

ヤツレ顔の周りをつむじ風が包み込む
ニヤケ顔の繰り出した炎は届かない
真っ赤な炎は白い風に切り刻まれ塵散りになった

<( ^ω\)「なかなかやるおね」

「……お前もな」\('A`)__ (゚- ゚川/

 チャチャラチャチャチャチャ…
   チャチャラチャチャチャチャ…


タンゴ

アルゼンチン発祥と言われる踊りだ
酒場で踊られたのが始まりと言われ、民衆的な踊りである

 タッタッタ

ゆったりとしたペースから、
だんだんと加速していく
強靭なリズムと対照的なロマンティックな音楽が特徴である

\(;^ω^)シ「……」

 ジャンジャカジャンジャンジャカジャン…

_川 ゚ -゚)Λ('A`;)_「……」

 チャチャラチャチャチャチャ…

にやけ顔が舞う
やつれ顔は回る

炎と風が混ざり合う中で
二人の男が踊り狂う



灰色だった廃墟が

赤い炎に

白い風に

彩られていく





そう、彼等は魔法使い
踊りによって魔術を繰り出す魔法使い
その独特な戦いから
人は彼等を”バレリーノ”と呼んだ



終わり

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。