証券 K.2nd:( ^ω^)には逃げるという選択肢は無いようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > ( ^ω^)には逃げるという選択肢は無いようですTOP > 総合短編 > ( ^ω^)には逃げるという選択肢は無いようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)には逃げるという選択肢は無いようです   2008.07.01

ξ゚⊿゚)ξ「この機械はまだ試作段階で、戦闘時は攻撃、防御しか出来ません。
     敵に勝ち進みクリアするか、負けてゲームオーバーになるかどちらかのみとなります。
     つまり戦闘のときに逃げるといったことが出来ません。走って逃げることは可能ではありますが
     もし、そのような行動をとられた場合、どのような事態に陥られても当社は一切の責任を負いかねます。
     よろしいでしょうか?」

(;^ω^)「一つ質問いいですかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「何でしょうか?」

(;^ω^)「攻撃されたときに痛みとかはないのかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「その辺は大丈夫です。攻撃による痛みはなく、HPが0になってもゲームの世界からこちらに戻るだけですから。

     それでは心の準備はいいですか?」

( ^ω^)「はいですお」

ξ゚⊿゚)ξ「では、こちらの機体の中でヘルメットを被り、椅子に座ってボタンを押して下さい。
     ボタンを押されるとゲームスタートとなります」

(*^ω^)「わかったお」

ブーンは言われた通りに何種類かのコードのついたヘルメットを被り、椅子に座り、スタートボタンを押した。

ヴゥゥン…ゲームモードキドウチュウ…………カンリョウシマシタ

ξ゚⊿゚)ξ「それでは夢とファンタジーの世界をお楽しみ下さい」

……………
………


( ^ω^)「お!」

突然、目の前がブラックアウトしたかと思うと、次の瞬間ブーンは草原に立っていた。

( ^ω^)「お…、現実とまるで変わらないお………」

大地を踏み締めた感覚は現実世界のそれとは瓜二つであった。

( ^ω^)「とりあえず、いろいろ歩いてみるお」

何処に行けばよいかわからないので、太陽の方向へと歩きだす。
とそこに草むらから1匹の生物が飛び出してきた。

( ^ω^)「お、もしかしてこれが敵かお?楽勝だおw」

その後も、何の苦労もなく現れる敵を倒していく。

( ^ω^)「ま、初めてフルつ体感出来るゲームだからこんなもんだお。
この調子なら簡単にクリア出来そうだお」

なんてことを言いながら、戦って歩いてを繰り返すブーン。



突然、今までのとはまるで違う大型モンスターがブーンの前に現れる。

(;^ω^)「な、なんだこいつ」

ブーンは少し慌てたが、これはゲームなんだということを思い出し

(;^ω^)「と、とりあえず攻撃してみるお」

と剣を構え相手に振るう…しかし

(;^ω^)「全く効いてる気がしないお…」

当たりはするがモンスターはびくともしない。
そこに敵モンスターの攻撃!

(;゚ω゚)「お!」

間一髪で避けたがまるで生きた心地がしない。

(;゚ω゚)「な、なんだお!こんなもんの相手が出来るか!」

ブーンはゲームを始める前に受けた説明を忘れて走って逃げ出した。

( ゚ω゚)「逃げなきゃ、逃げなきゃ、逃げなきゃ、逃げなきゃ、逃げなきゃ、逃げなきゃ、逃げn、あっ」

足か絡まりこけるブーン

(;゚ω゚)「くるなお、あっちにいけお」

すぐにそこまで迫ってくる化け物がその大きな手を振りおろ



……………
………





(;^ω^)「お!」

目を覚ましたブーン

(;^ω^)「終わったのかお………、お?」

目の前に広がるは草原

( ゚ω゚)「!!なんで!なんで戻ってないんだお!」

後ろからは先ほどの化け物が

end

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。