証券 K.2nd:('A`)はもっぱらミルクティーのようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > ('A`)はもっぱらミルクティーのようですTOP > 総合短編 > ('A`)はもっぱらミルクティーのようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)はもっぱらミルクティーのようです   2008.11.06

ミルクティーを飲む―――――

この男の至福の時であった。


('A`)はもっぱらミルクティーのようです。

男の名はドクオ。
ミルクティー中毒と言っても過言でないほどミルクティー好きである。

酒の席で上司に絡まれても

(,,゚Д゚)「あ゛ー、ドクオ君~私の酒が~~ヒクッ~飲めんと言うのか~?」

('A`)「私はもっぱら…」

そう言うとマイ ミルクティーを目線ぐらいに持ち上げ

('∀`)「ミルクティーですから」

と断るほどミルクティー好きなのだ。

おかげで係長からトイレ掃除に格を下げられてしまった。

それでもトイレ掃除をしながら

('A`)「私はもっぱら……」

ミルクティーを目線ぐらい持ち上げ

('∀`)「ミルクティーですから」

と言ってミルクティーを飲み干し
モップを手に取りトイレ掃除をする。

懸命にトイレを掃除し、定期的にミルクティーを飲むドクオの背中には
何の迷いも無い、漢の背中になっていた。



( ^ω^)「おっぉwwwあのトイレ掃除、なんであんなに清清しい顔してるんだおwww」

( ^ω^)「僕らは上司の機嫌を伺ったりして……」


( ;ω;)「――――」

男の目からなぜか涙が溢れ出してきた。
そして男は気がついたらトイレに向かっていた。

('A`)「あ……申し訳ございません。ただいまトイレ清掃中なので……」

( ;ω;)「ぼ、僕にもミルクティーを飲ませてくださいお」

('A`)「……」

('∀`)「かまいませんよ。さあ」

とドクオはミルクティーを差し上げた。


('A`)はもっぱらミルクティーのようです。

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。