証券 K.2nd:(*゚ー゚)消えない記憶のようです( ^ω^)

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > (*゚ー゚)消えない記憶のようです( ^ω^)TOP > 総合短編 > (*゚ー゚)消えない記憶のようです( ^ω^)

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(*゚ー゚)消えない記憶のようです( ^ω^)   2008.10.20


そして僕は目が覚めた。それはどこか見覚えがある場所。

(*゚ー゚)「あ!起きたみたいだね!」
(;^ω^)「……お?ここは……?」

(*゚ー゚)「私の部屋だよ?もう、いきなり倒れて大変だったんだからね!」

(;^ω^)「??? ちょっと待ってくれお。記憶が混乱してるお……」

えぇと、僕はどうしたんだっけ?

確か、誰かと待ち合わせしていて、だけど寝坊して遅れそうで急いでいて、走ってて……えぇと、それから?
そこから先を思い出そうとすると、脳が拒否するように痛んだ。

(;^ω^)「うぅ…? よくわからないお。誰かと待ち合わせして、それで僕はどうしたんだお?」

(;゚ー゚)「ちょっと待ってよ、誰かって……もしかしてあなた、自分の彼女も忘れたわけ?」

(;^ω^)「彼女……?」

そうだ。僕は彼女と待ち合わせしていた。いわゆるデートってヤツだ。

――あれ?彼女って誰だっけ?

彼女…?僕の彼女は…?
その記憶はまるで切り取られたみたいにギザギザな空虚だった。


(*゚ー゚)「もう、自分の彼女も思い出せないの?」

(;^ω^)「それが、どうにも…」

(*゚ー゚)「しょうがないなぁ、教えてあげるよ。
貴方の彼女はね、『しぃ』っていうの」

( ^ω^)「『しぃ』……」

『しぃ』は知っている。それは目の前にいる少女のこと。
僕の彼女は、『しぃ』……?

(*゚ー゚)「まだ本調子じゃないみたいだから、暖かいお茶でも淹れてくるね」

そう言って『しぃ』は、椅子から立ち上がって部屋のドアへと歩いていく。

その背中に向かって、僕は殆ど無意識で声を掛けた。

( ^ω^)「違うお」

(*゚ー゚)「……え?」

( ^ω^)「僕の彼女は君じゃない」

口が勝手に喋っているようだった。僕は自分でも呆然としながら、しかしはっきりと言葉を続けた。


( ^ω^)「僕の彼女は……ツンだお」

背中越しではしぃの表情は見えなかった。だけど、彼女に強烈な怒りと憎悪が渦巻いていくのを僕は確かに感じた。

(*゚ー゚)「そうか、Take32も失敗か」

(;^ω^)「お?32?」

(*゚ー゚)「何がいけないのかな…?他の記憶操作は全部うまくいってるのに、あの女だけが消えてなくならない」

(;^ω^)「しぃ、何言って……」

(*゚ー゚)「まぁいいや。何回でもやり直せるんだもん。次はちゃんとやるから、待っててね、ブーン?」

(;^ω^)「な!?やめ――」

(*゚ー゚)「おやすみ、私のブーン」


……
………

そして僕は目が覚めた。それはどこか見覚えがある場所。

(*゚ー゚)「あ!起きたみたいだね!」

(;^ω^)「……お?ここは……?」


終わり

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。