証券 K.2nd:(´・ω・`)喫茶「さーせん」のようです クル*゚ー゚)ミ

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > (´・ω・`)喫茶「さーせん」のようです クル*゚ー゚)ミTOP > 総合短編 > (´・ω・`)喫茶「さーせん」のようです クル*゚ー゚)ミ

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(´・ω・`)喫茶「さーせん」のようです クル*゚ー゚)ミ   2008.10.13


カランカラン――
今日も扉の鐘が鳴る。
ここはVIPタウンのとある喫茶「さーせん」。
(´・ω・`)「いらっしゃい。」
僕はマスターのショボン。さて、今日のお客は

クル*゚ー゚)ミ「アルバイト、させてください!」

(;´・ω・`)「……」
珍客だった。
さぁ、あなたも見届けましょう。
ちいさな喫茶で起こる、ちいさなお話の行方を……



(´・ω・`)喫茶「さーせん」のようです クル*゚ー゚)ミ


(;´・ω・`)「いや、まぁ、募集したいのは山々だけどさ。」
クル*゚ー゚)ミ「何か問題でも?」
(;´・ω・`)「給料とかあるじゃないか。」
クル*゚ー゚)ミ「無給でかまいません!」
(;´・ω・`)「いや、あのね……」

川 ゚ -゚)「良いじゃないか、マスター」
(;´・ω・`)「クー!?」

彼女はクー。この喫茶のシェフだ。漆黒の髪を後ろで無造作に束ねている、痩身の女性。

川 ゚ -゚)「無給で働くといっているのだし。猫の手も借りたいのだろう?」
そう言う彼女の口元は心なしか笑っているようだった。

(´・ω・`)「……ま、それもそうだね。よし。」
クル*゚ー゚)ミ「雇ってくれますか!ありがとうございます!」

(´・ω・`)「悪いけど、すぐに働いてもらうからね。いいかい?」
クル*゚ー゚)ミ「はい!どんとこいです!」

意気揚々と奥に向かってゆく……あれ?
(;´・ω・`)「……名前聞いてないや。お名前は?」
クル*゚ー゚)ミ「森野クルミです!」
(´・ω・`)「クルミ、か。」
確かに淡い茶色の髪は胡桃を思わせる。
クル*゚ー゚)ミ「あ、」
何かを思い出したように振り向くクルミ。

(´・ω・`)「?」
クル*゚ー゚)ミ「クーさんはもしやマスターのお嫁s」
(´・ω・`)「ぶち殺すぞ」
クル;゚ー゚)ミ「さーせん」

たしかにクルミはよく働いた。明るい性格もあってか、お客さんからからの受けもよかった。ただ……

川 ゚ -゚)「なにを危惧しているんだマスター?」
(´・ω・`)「……これで無給で訴えられないかと」
川;゚ -゚)「馬鹿か……」
(´・ω・`)「……」

カウンターからフロアを望む。丁度クルミが注文を聞いていた。緩くウェーブした栗色の髪に、はじけるような笑顔。一部にファンが居ると言うが、あながち信じられない話でもない。

川 ゚ -゚)「いい子じゃないか」
紫煙をくゆらせながら感想を漏らす。
(´・ω・`)「厨房は禁煙だよ」

ひょいと煙草を取り上げる。クーは不服そうな顔をしているが衛生上致し方ない。

(´・ω・`)「ニコチンじゃなくて肌のためにもカロチンのほう採ったr」
川 ゚ -゚)「ふざけるな」
(;´・ω・`)「さーせん」

――秋も色づき始めた頃のこと。
(´・ω・`)「ほんとに辞めちゃうのかい?」
川 ゚ -゚)「寂しくなるな……」
クル*゚ー゚)ミ「ほんとにごめんなさい……」

(´・ω・`)「仕方ないよ。僕らに拘束力はないしね」
川 ゚ -゚)「あぁ。またいつでも来てくれ。楽しみにしている。」
クル*゚ー゚)ミ「……もう来れないかもしれません」
(´・ω・`)川 ゚ -゚)「?」

クル*゚ー゚)ミ「あたし、実は死病にかかってて、予定では、後一月の命なんです。」
クル*゚ー゚)ミ「だから、死ぬ前に夢だった、バーテンの仕事ってしてみたくて……」
クル*゚ー゚)ミ「ここの喫茶は、いつも暖かな空気でいっぱいだったから。憧れのお店だったんです。」
クル*;ー;)ミ「だから、本当に、ありがとう、ございました……っ!」

カランカラン――

(´・ω・`)「……」
川 ゚ -゚)「……」

(´・ω・`)「なぁ、クー」
川 ゚ -゚)「ん?」
(´・ω・`)「彼女は僕らに、笑顔と客、と言う贈り物をしてくれたよな」
川 ゚ -゚)「そう、だな。」
(´・ω・`)「僕らは彼女に、なにをあげれたんだろうね」
川 ゚ -゚)「……」

残そう。彼女の居た証を。その言葉がでたのは、至極当たり前だった気がする。

――やぁマスター。おや、あの栗色の子は?

――辞めちゃったのかい。残念だね……。

――結構好みだった……あ、いや、嫁には言わないでくれ。

――あ、あぁ。じゃ、コーヒーを。

――あれ?コーヒーの豆変えた?香りがいつもと違うね……

――おや?この味は……。


(´・ω・`)「胡桃、さ。」

FIN



お題
・喫茶「さーせん」
・くるみ


(´・ω・`)喫茶「さーせん」のようです クル*゚ー゚)ミ

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。