証券 K.2nd:( ∴)は夢を見るようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > ( ∴)は夢を見るようですTOP > 総合短編 > ( ∴)は夢を見るようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ∴)は夢を見るようです   2008.10.11


 ここはブーン系小説控え室。
 出演未定のキャラクター達が大部屋で待機していた。

( ∴)「あー、俺も主役やってみたいよな…」

( ∴)「つーかまず作品に出たいわ。ここ数ヶ月水だけで生活とかやばくね?」

 彼の名はゼアフォー。
 代表作…無し。

( ∴)「最後に俺出たのっていつだったっけ…」

( ∴)「あー、ビコーズの兄貴が首折られたときのバーターだったな」

( ∴)「あれは楽だったな…基本セリフは兄貴任せだったし」

( ∴)「……今日も総合からの出演依頼は無しか…帰ろう」

 寂しげに大部屋から去るゼアフォー。


 ‐繁華街‐

客引き「よっ、そこの兄ちゃ…」

 声を掛ける前に離れていく。
 どうやら文無しだと察したのだろう。

( ∴)「まぁ仕方ないか、こんな格好じゃな」

 自身でいう通り、ボサボサの髪にくたびれた衣服は、
 賑やかな街の風景とは明らかにミスマッチであった。

 と、その時

爪*゚ー゚)「あ、ゼアフォーさん」

( ∴)「…鈴木田村か」

 鈴木田村。
 総合からも離れたかつての同僚。
 昔は大部屋でお互い夢を語り合ったもんだ。

( ∴)「鈴木、今はどうやって暮らしてるんだ?」

爪*゚ー゚)「実家で農業やってます、自分一人くらいなら何とか食べていけますよ」

( ∴)「そうか…」

爪*゚ー゚)「ゼアフォーさんは…」

( ∴)「まだ夢追ってるよ」

( ∴)「兄貴無しでメジャーな作品独り立ちするって夢をな」

爪*゚ー゚)「そうですか」

 その後他愛のない話をして、鈴木田村と別れる。

( ∴)「…」


爪*゚ー゚)『きっと叶いますよ、だってゼアフォーさんは…』

爪*゚ー゚)『夢を諦めてないんですから』


( ∴)「もう少しだけ…頑張ってみるか」

 彼の名はゼアフォー。
 代表作…『まだ』無し。

   おしまい

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。