証券 K.2nd:温かいようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > 温かいようですTOP > 総合短編 > 温かいようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温かいようです   2008.10.04

手が離れてしまった。


ハインの体重を預かっていたはずの右腕が、今はもぎ取りたい程に軽い。
咄嗟に振り返ったけれど、遥か下の分厚い雲が何もかもを白く飲み込んだ後だった。
突き刺した鉄串を握る左手が俺を生かしていた。

内藤が落ちた。
兄者が吹き飛ばされた。
渡辺は泣き叫びながら視界から消えた。

ハインの愛しい体温が残る掌はからっぽになった。
('A`)「ふざけんなよ」
怒りはとっくに通り越した。
息すら奪う轟風はただただ憎しみだけを膨れさせていくだけ。

強烈な速度で空を疾る巨鳥は人を喰う。
大人は我が身を守る為にイケニエを捧げた。
俺達をただ、肉として扱った。

('A`)「殺してやる」

残った温もりが一秒でも長く俺に遺るように、胸に手を当てる。
あいつらの声が体を駆けていく。
眩しい笑顔が背中を押す。





俺の手は、震えていた。



('A`)「聞けくそったれ」

(# A )「おまえはしね。これ以上俺から何も奪わせない」

(#'A`)「いいか! 何ひとつ奪わせねえからな! 村を殺し尽くす事も、俺の命も、残ったあいつらの温もりも!!」


一握りもある羽の芯を掴む。体を引っ張りあげ、抜いた鉄をさらに上へ刺す。


脳天を貫けばお前は死ぬだろ?
やってやるよ。

お前を奪ってやる。


抱いた温もりは死ぬまで俺のもんだ。






お題
・温もり

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。