証券 K.2nd:シュールに生きる二人のようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > シュールに生きる二人のようですTOP > 総合短編 > シュールに生きる二人のようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュールに生きる二人のようです   2008.09.28

 
lw´‐ _‐ノv「お兄ちゃんがどこか行っちゃわないように、こんな足切り取っちゃった方が良いよね?」

 シュールがリストカットの跡が付いた腕を私に延ばして来ました。
 ご丁寧にもカッターを持って。


――シュールに生きる二人のようです

( <●><●>)「シュール」

lw´‐ _‐ノv「何かな」

( <●><●>)「これ面白くないです」

lw´‐ _‐ノv「ヤンデレごっこが?」

 首を傾げながら尋ねるシュール。
 私はこくりと頷きます。

lw´‐ _‐ノv「君もそう思ったかワカッテマス」

( <●><●>)「第一ヤンデレも何も理解不能な世界ですから」

lw´‐ _‐ノv「それに君は私の兄でも無いからね」

( <●><●>)「大体腕切る必要あるんですか?」

 彼女の腕にはリストカットの跡があり、それは本当に切り付けた跡でした。

lw´‐ _‐ノv「無いよねぇ、何かやりたかったからかもしれないよ」

( <●><●>)「面倒臭い理屈ですね」

lw´‐ _‐ノv「ほう」


 一体いつからこのボロアパートの一室で二人で過ごすようになったのでしょう。
 ああ、思い出した。

lw´‐ _‐ノv『やあ隣人、私は思うのだよ、一人一部屋借りるより、二人で一部屋借りる方が良いんじゃ無いかって』

 そんな風に転がり込んで来たのがシュールでした。

lw´‐ _‐ノv「お腹空いた、羊かんとプリンと米買って来る」

( <●><●>)「行ってらっしゃい」

 なんて言って出て行った直後、彼女は帰って来ました。

( <●><●>)「おかえりなさい」

lw´‐ _‐ノv「いやまだ行ってない、それよりこっち来なさいな」

 おいでおいでと手を動かしてシュールは私を呼びました。
 つられて外へ出て行くと、階段の近くにシュールがいました。

( <●><●>)「どうしましたか?」

lw´‐ _‐ノv「ああ、これこれ」
 
 
‐lw´‐ _‐ノv‐

lw´‐ _‐ノv「カマキリが交尾してる」

 私はカマキリを指差して言った。
 醜く蠢くぎちぎちしたそれを指差して。

( <●><●>)「困りましたね」

lw´‐ _‐ノv「どうしてだい?」

( <●><●>)「この辺に卵生み付けられたらうちまで来ますよ」

lw´‐ _‐ノv「本当だ」

( <●><●>)「そういえばカマキリの交尾の後はメスがオスを食うそうですよ」

lw´‐ _‐ノv「へえ」

 私はしゃがんで、交尾の真っ最中であるカマキリを弾いて落とした。
 二階からだから死ぬかも。

lw´‐ _‐ノv「私達も交尾でもする?」

 あっはんうっふん、ってね。
 私がスカートを摘みながら言うと、ワカッテマスは顔を歪めた。


( <●><●>)「却下」

lw´‐ _‐ノv「ふうん」

( <●><●>)「さあ行ってらっしゃい」

lw´‐ _‐ノv「お母さん行って来ます」

 普通の男なら食い付いてきそうだけど。
 きっとワカッテマスは男じゃない、でもナニが付いてるから女でもない。

 人間じゃないのか、なるほど。
 きっとギョロ目だからトンボが進化してアイツになったんだ。

 そんな事を考えながらスーパーに着いて私は目的の品を買う。
 途中彼に会って明日家に来ると約束しておいた。
 

‐( <●><●>)‐

lw´‐ _‐ノv「ただいまお母さん」

( <●><●>)「お帰りなさい馬鹿娘」

lw´‐ _‐ノv「人参とタバスコとチーズ買ってきた、あと米」

( <●><●>)「そうですか」

 最初に言ってた二つはどうなったのかは聞かない事にします。

lw´‐ _‐ノv「あ」

( <●><●>)「あ?」

lw´‐ _‐ノv「明日の晩ご飯は、おいどんが作るでごわす?」

( <●><●>)「疑問系ですか」

lw´‐ _‐ノv「まあ多分そうなるよ」

( <●><●>)「じゃあちょっと出かけて来ます、夕ご飯待ってて下さい」

 私は出かける準備を始めます。

lw´‐ _‐ノv「どこ行くの?」

( <●><●>)「薬局に」

lw´‐ _‐ノv「何でかな?」

( <●><●>)「胃薬買いに」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ水虫薬も買う?」

( <●><●>)「買いません、じゃあ行ってきます」

lw´‐ _‐ノv「行ってらっしゃい」
 
 
 そして翌日、シュールは誰かを連れて来ました。
 ガタイの良いお兄さんです。

( ФωФ)「えっと……兄弟の方かな、我輩は杉浦ロマネスクだ、よろしく」

 感じの良い人です。
 きっとシュールの恋人でしょう。

「さ、こっち来て」

( ФωФ)「うむ、今行くぞ」

 シュールの部屋から腕だけが伸びて来ます、正直腕だけは気持ち悪いです。
 杉原なんとかさんはすぐにシュールの部屋に行きました。
 それから少し経つと、何やら声が聞こえてきました。

 大方交尾でもしているのでしょう。
 あっはんうっふん、ってね。
 気晴らしに外でも出ましょうか。


( <●><●>)「ふむ、おいしいですね」

lw´‐ _‐ノv「ふふん、これで名誉返上さ」

( <●><●>)「貴方が馬鹿だという事は、ワカッテマス」

 私が帰った頃にはもう、三浦なんとかさんは居なくなってました。
 代わりにほかほかご飯と肉料理でシュールが出迎えてくれました。
 シュールの飯が旨いとはこれいかに。

( <●><●>)「そういえば、この肉は何肉ですか?」

lw´‐ _‐ノv「んー? 人肉だよおいしいだろ」

( <●><●>)「ほう、人肉とな」

lw´‐ _‐ノv「この前ワカマス君が言ってたじゃない」

( <●><●>)「私が――ああ、カマキリ」

lw´‐ _‐ノv「そうそれ」


『そういえばカマキリの交尾の後はメスがオスを食うそうですよ』


 まさに人間版カマキリの交尾です。
 馬鹿かこいつ。

( <●><●>)「三原さんが犠牲になりましたか」

lw´‐ _‐ノv「犠牲じゃない、これも生きる為」

( <●><●>)「で、掃除はしましたか?」

lw´‐ _‐ノv「実はね、してないんだよ」

( <●><●>)「後で手伝いますから、ちゃんとやりなさい」

lw´‐ _‐ノv「はーい」

 人は一度人肉を食べたら忘れられない、とか聞くので心配です。
 私もめでたく人食いですか。
 
 
<ヽ<●><●>>「おいチョパーリ! ウリを認めないというニカ!?」

lw´‐ _‐ノv「この聖なる妖精の花園を汚す者は伝説の妖精王――シュールが許さない」

( <●><●>)「シュール」 

lw´‐ _‐ノv「何かな」

( <●><●>)「これつまらないです」

lw´‐ _‐ノv「やっぱりそうかな? ワカッテマス」


――シュールに生きる二人のようです 終わり


お題
・伝説の妖精王
・妖精の花園
・リストカット
・「お兄ちゃんがどこか行っちゃわないように、こんな足切り取っちゃった方が良いよね?」

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。