証券 K.2nd:ξ゚⊿゚)ξ私達は後継者のようですζ(゚ー゚*ζ

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > ξ゚⊿゚)ξ私達は後継者のようですζ(゚ー゚*ζTOP > 総合短編 > ξ゚⊿゚)ξ私達は後継者のようですζ(゚ー゚*ζ

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ξ゚⊿゚)ξ私達は後継者のようですζ(゚ー゚*ζ   2008.09.24



目の前に筒状の培養装置がいくつかある。
緑色をした、培養液で満たされているもの。
そして、私の周りも、それで満たされている。

部屋は薄暗い。
ただただ、とても巨大なモニターだけが光っている。
きっと、あれがなければ真っ暗だろうなあ、と思う。

モニターに、人影ができた。
髭をたっぷりと蓄えた、白髪の腰が曲がった老人だ。
右から入って、真ん中で止まった。
そして、モニターの前にある、よく分からないボタンを押した。


私の周りを満たしていた、緑の培養液が抜けていく。
そして、空気が私に触れる。私の頭から体、足へと、少しずつ。
別に培養液中に居たときだって、足は付いていたから特に違和感はない。

筒状の培養装置が二つに割れる。
モニターの前の老人がこちらへやってくる。
そして、その老人は口を開いた。

おはよう、私の後継者達、と。


ξ゚⊿゚)ξ私達は後継者のようですζ(゚ー゚*ζ



その老人は、周りを見渡した。
私も周りを見渡した。
私の横には、もう一人のヒトがいた。
両サイドに、ロールした髪をもつ、ヒト。
私と似ているヒト。

そのヒトが、私に話しかけてきた。

おはよう、デレ、と。

………レ?……dレ?……デレ?


私は目を覚ました。
太陽が眩しく輝いていて、私は思わず目を細めた。


視界が細くなる。

その細い視界の中に、そのヒトが現れた。

ξ゚⊿゚)ξ「デレ!大丈夫?」

……ここはどこだろう。
そう思って、周りを見渡した。
野球場だった。

そうか、さっきのは夢だったのか。
では、今の状況は何だろう。私は、どうしてここに……
そう思って、やっと思い出した。
単純に私は寝ぼけているのだ。


ζ(゚ー゚*ζ「え……あぁ、おはよう、ツン。寝ぼけてたわ」

ξ゚⊿゚)ξ「あんたね……確かに野球はつまらないけど、こんな暑い中寝ることもないでしょうに」

ζ(゚ー゚*ζ「えへへ……」

そう、彼女はツン。私の双子の姉なのだ。
双子といっても、友達の流石くんたちのようではない。
そう、見た目は似ているが、性格は反対なのだ。

ξ゚⊿゚)ξ「あ、お父さんがきたよ!」

ζ(゚ー゚*ζ「え?どこどこ?」

ξ゚⊿゚)ξ「ほら、今、ピッチャー交代しているじゃない。あそこよあそこ」



ツンが指差しているところを見てみると、お父さんの背中が見えた。

ζ(゚ー゚*ζ「あ、いたいた!おーい、おとーさーん!」

ξ゚⊿゚)ξ「馬鹿ねぇ、デレ。聞こえるはずないじゃない」

ツンの言うとおり、ここからマウンドまでの距離と、周りの歓声を考えれば、私の声なんて届くはずがない。
そして、まさにそのとおり、私の声は届かなかった。

しばらくして、キャッチャーがサインを出した。



          ,. -‐''~´   _,/ )          _,. -‐ミミ
         | ̄ ̄ ̄`~/ヽヽ_ノ____,,,._-='_二-ヘミミ/
         ヽ;;;;;;;;;;;;/,_  レ'<弋;;;ッ、 ヽ_,/,./i;;;;;;ラヽ .//|
           `'''''/ `ヽY/  . ̄ ̄/| /ヽ `'―'''´‐ !/ |     <おまえのカーチャンでーべーそー
           /   ノ! !_   _;;;|  | |  |;';;;  ,| |//./  
          l´/´‐'''‐'-‐'''~ヽ' ̄ ヽ__i'''ヽ__ノ   ̄| | |/
         .// (´`´   _,.ノ彡彡 ,`ヾ''´'´ミミ_ / //ミミ  
         / /    '‐''~   )/''‐-----‐''~´|川 iミ/川ヽ
        /  /     j‐' _,. く  :;;;,,,,,,,,,,,,,,   /川 /|川
       ./ /        '´  ノ彡〃川川ヽミ川,.-'´/lll/
      / /        )) /ノ〃川川川ヽ,.-'´  |/
    ,.-''''~~~''-、       ノ~´ ヽ,,,,,,__/    /



私には良く分からないが、つまりはサインなのだろう。
そう、例えキャッチャーがジョセフ・ジョースターに見えたとしても、それは気のせいなのだ。
うん、気のせい。

お父さんが振りかぶった。
程なくして、ストラァァァイク!という声が聞こえた。

そして、その声が聞こえると同時に、私の周りから歓声が上がった。
全く、うるさい人たちだ。たかがストライク一球で。

ふとマウントを見ると、また、お父さんが振りかぶっていた。

甲高いがしたと思う前に、やや鈍い音が聞こえた。
ファールだった。


……何度そのようなやり取りが続いたのだろう。

ゲームはすでに9回の裏。
先ほどが4回の裏であったことを考えれば、お父さんはすでに5回分連続で投げていることになる。
点は、3-3。お父さんのチームが先行なので、ここで抑えれば延長。獲られれば試合終了となる。

ボードを右端を見ると、黄色のランプが2つ、青のランプが3つ、赤のランプが2つ、光っていた。
マウンドを見ると、1,2,3塁、全てに相手チームがいる。

ツーアウトスリーボールツーストライク。しかも満塁。
ここで打たれればほぼ確実に負けるだろう。
しかし、ツンが持ってきた双眼鏡から見えるお父さんは、とても疲れているようだった。

キャッチャーがサインを出した。
運命の一投。


甲高い音がしてすぐに、やや鈍い音が聞こえた。
このパターンは、ファールである。

しかし、この状況はまずい。
すごくまずい。
どれくらいまずいかというと、そう、コーラを飲んだらゲップが出るっていうくらいまずい。

しかし、ここで諦めないのが、投手だろう。

キャッチャーがサインを出す。
初めて、お父さんが露骨に頷くところを見た。

お父さんが振りかぶる。


今までよりも、より甲高い音が聞こえる。
私の視界からボールが消える。
ファールボールにご注意くださいと、アナウンスが聞こえる。

風を切る音が聞こえる。
なんだろう、と思い、空を見上げる。
丸い影が、だんだんと大きくなりながら、私に近づいてくる。

それがボールだと気づいた。
しかし、遅すぎた。

そのボールは、私へと、少しずつ近づいてきて、私の額に直撃した。
私の意識は遠のいた。


気づけば、また、最初の夢を見ているようだった。

私は、おはよう、ツンと、返事を返す。

目の前の老人は、順調のようだのぅと、言った。
そして、私達それぞれに、タオルと、服を渡した。
そして、私達に、体を拭いて、着替えなさいと、言った。

私達は着替えた。
老人は、ついてきなさいと言った。
私達は、それに従った。

また、意識が、遠のいていった。


づけば、頭が割れるような痛みを感じた。
触ってみると、自分でも分かるようなたんこぶができていた。

ツンが、視界に入ってきた。
大丈夫?と、心配そうに聞いてきた。
私はそれに、大丈夫だと思うと、返事をした。

今はいつだろうと思って、ツンに聞いてみた。
まだ、9回の裏だった。
さっきの投球から、2回しか、いや、2回もたっていた。

私は、無駄だと分かりながら、何故か叫んでいた。
お父さん、頑張って、と。


お父さんが振りかぶった。
その顔は、笑っているかのように見えた

今までとは比べ物にならないほど速く、ボールが飛んだ。
一瞬の中のさらに一瞬の出来事のようであった。
誰しもが、球が消えた!?と、思った、とさえ私には思えるほど、速かった。

ボールがミットに入る鈍い音が響いた。
球場に、静寂が訪れた。

審判の声がやけに響いた。
ストライク、ゲームセット、と。


歓声が上がった。
隣のツンが、涙を流しながら叫んだ。
私はまた、意識が遠のいていった。


気づけば、私は薄暗い部屋にツンと一緒にいて、大きな、しかしあの巨大なのに比べると小さい、モニターを見ていた。
そのモニターには、何も移っておらず、真っ黒なままであった。

老人は言った。
これから見せるものをみて、感想を言ってみてくれ、と。

そして、老人は手元にあるキーボードとマウスを操作した。
途端、モニターに光が宿った。


モニターには、機関車トマースという文字が浮かび上がった。
そして、背景には青、黄、緑の人面機関車が3台、並んでいた。

青い人面機関車が言った。
よーし、今日も元気に、しゅっしゅっぽっぽと走るぞぉ!、と。

黄色い人面機関車が言った。
しかし、僕達はなんと環境を汚して走っているんだろうね、と。

緑の人面機関車が言った。
でも、そうしないと、僕達は走れないよ、と。

黄色い人面機関車が応答した。
仕方ないだろう、それでも僕達は走るために作られたんだ、と。


青い人面機関車が、悲観しながら言った。
僕達は、人によって作られた。でも、その技術は、つまりは文明は、元は農耕からはじまったんだよね。
農耕が発達したのは、道具による、つまり、はさみによる大いなる収穫の迅速化や、肥料による収穫の肥大化などによるよね。

収穫物は、自然によって作られるものだった。
そして、人も自然によって作られた。

自然によって作られたものは、自然の中に存在する。
でも、人は自然を破壊しながら、それでもなお、自然の中に存在しようとする。
なんておこがましい存在なんだ!

3両の人面機関車は、口をそろえて言った。
じゃあ、人を滅ぼしてしまおう、と。

そこで映像は途切れた。


君達は、どう思う?と、老人は聞いてきた。

ツンは、人は滅ぼされないといけないと、言った。

老人は、そうか、やはり君もそう思うかと、言うと同時に、デレ、君はどう思った?と、聞いてきた。

私は口ごもった。
どう言えばいいのか分からないのだ。

あの映像を見る限り、そして、現実、いや夢だろうか、球場での観客を見る限り、人はいらないと思える。
しかし、なにか引っかかるのだ。
言葉にできない、何かが。

私は、思い切って、言い放った。
私は、違うと思う、と。


人間は、確かにしてはならないことばかりをしている。
でも、その一方で、彼らは、彼女らは、だからといって殺していいようなものではないのだ。
もし殺してしまえば、それは、私達が彼らと同じだといっているようなものではないか、と。

老人は唸った。

ツンが、横槍を入れてきた。

だが、私達は、人間とは違う。
人間とは違い、人間を滅ぼしたら、それだけだ、と。

私は反論した。

例えば、魚。
魚はとても多くの卵を作る。
それは、卵が敵に食べられたりすることが多いからだ。


しかし、もし敵が居なくなったらどうなるだろうか。
海は子孫で溢れ、魚は自分達が生んだ子孫によって、滅びるのだ。

魚を動物、敵を人間にしたらわかるだろうが、人間は多くの動物にとって必要不可欠であるのではないか、と。

老人は悩んだ。

とても、悩んだ。

そして、無言で、ボタンを押そうとした。

私は、咄嗟に叫んだ。何故か、それのボタンを押すことが、何を示すのかを心で理解していたからだ。


おじいちゃんだめっ!


老人は固まった。
ツンも、固まった。

そして、二人は同時に、こちらを見つめ、そして……


目が覚めた。

お父さんが、インタビューを受けていた。
ツンは、それに視線を固定していた。
周りの人は、いくらか少なくなっていた。


さっきの夢はなんだったのだろうか。
考えに考えるが、分からない。
しかし、どうだっていいのだ。例え私とツンが人でなくても、それでもいいのだ。
私は、ただ、人として生きるだけだから。

お父さんのインタビューが終わった。
アナウンサーらしき人が、ありがとうございましたと言った直後、周りから歓声が上がった。


耳を塞ぎたくなるほど騒がしかった。
しかし、最初のストライクの時のような不快感は、全く感じなかった。
むしろ、私も一緒になて騒ぎたくなるほどに心地よい感覚だった。

漆黒の空にただポツンと光る星が、やけに綺麗に見えた夜だった。

ξ゚⊿゚)ξ私達は後継者のようですζ(゚ー゚*ζ  終わり

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。