証券 K.2nd:( ´_ゝ`)流石兄弟は語り合うようです(´<_` )

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > ( ´_ゝ`)流石兄弟は語り合うようです(´<_` )TOP > 前サイトでまとめたもの(短編) > ( ´_ゝ`)流石兄弟は語り合うようです(´<_` )

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ´_ゝ`)流石兄弟は語り合うようです(´<_` )   2008.09.20


『( ´_ゝ`)流石兄弟は語り合うようです(´<_` )』



(*´_ゝ`)「やっべwwwwwww俺この角度テライケメンwwwwww」

(´_ゝ` )三サッ

(´_ゝ`*)「パネェwwwwこの姿勢もテラハンサムじゃねwwwwww」

(´<_` )「……」

(´_ゝ`*)「……」

(´<_` ;)「……兄者?」

(´_ゝ`;)「……」

サッ三(; ´_ゝ`)「……」


( ´_ゝ`) 「弟者か。いつからそこにいたんだ? ノックをしろと
       いつも言っていただろう常考」

(´<_` ;)「いや……うん、今更クールぶろうとしても無駄だと思うが。
       ていうかそっちこそいつの間に人の部屋n」

( ´_ゝ`)三つ 「そぉい!」

サッ三(´<_` )

( ´_ゝ`) 「……む。俺の黄金の右をよけるとは。腕をあげたな弟者」

(´<_` )「そのヘナチョコパンチが黄金の右だと言うのなら、
       全人類がボクシングのチャンピオンだな」

(´<_` )「……ていうか、普通に俺を殴れないだろ、兄者は」

( ´_ゝ`) 「そうだった。流石弟者、冴えているな!」

(´<_` )「冴えてない。兄者がおかしいだけだ。
       ていうかもっと雰囲気を大事にしろ」

( ´_ゝ`) 「規格外の男、それがこの兄者様さ!」

(´<_` )「黙れ」
( ´_ゝ`) 「……」

(´<_` )「……」

( ´_ゝ`) 「……いやー、しかしいい夜ですな」

(´<_` ;)「何、急に」

( ´_ゝ`) 「話題提供の下手そうな弟者のために、話の切欠を
       与えてやっている俺、プライスレス」

(´<_` )「いやもう本当黙れお前」

(; ´_ゝ`)「い、いいの弟者君!? 考え直さない!?
       俺なんて黙ってたらひたすらエロ画像収集しちゃうよ!?
       こんな素敵な夜に兄者がそんなんで、いいの弟者は!?」

(´<_` )「……何かもうそれでもいいような気がしてきた」

(; ´_ゝ`)「またまたー! 何、弟者ツンデレ? ツンデレなのねぇ?」

(´<_` )「……」


(´<_` )「……」

(´<_` )「ハァ」

(´<_` )「……ああ……確かにいい夜だ……」

( ´_ゝ`) 「……」

(´<_` ;)「兄者?」

( ´_ゝ`) 「……いきなり10行前の話題に食いつかれて
       思考回路がショート寸前だった」

(´<_` )「やっぱ黙れお前」

(; ´_ゝ`)「いやああああ! お話してええ!!
       話してくれたらいいこと教えてやるからああッ!」

(´<_` )「……いい事……?」

( ´_ゝ`) 「利のある話だとすぐに食いつく弟者君たら俗物ですね!
       そんなんじゃハマーン様に嫌われ……」

(´<_` #)「……」


( ´_ゝ`) 「オーケー。時に落ち着け弟者。いい事とはつまり、
       『兄者特製ガーリックチーズトースト』の作り方だ」

(´<_` )ピクッ

(* ´_ゝ`)「フフフ、反応したね明智君」

(´<_` ;)「うるさい……が、兄者が作ったにしては美味かったしなあ。
       しかし、あれを三食食べていた兄者は流石に異常だったな」

( ´_ゝ`) 「流石兄者だけに!」

(´<_` )「誰がうまいこ……いや、うまくないな」

( ´_ゝ`) 「ヒデェ」

( ´_ゝ`) 「まぁいいや。兄者特製にして唯一作れる
       ガーリックチーズトーストの作成方法を伝授するッ!
       料理は心! まずそれを忘れるな!」

(´<_` )「トースト如きにムキになるな」

( ´_ゝ`) 「味皇様に怒られるぞ。口から出たビームで……
       まぁそれもいい。いいか、味の決め手は面倒がらずに
       生ニンニクを使う事だ」

(´<_` )「面倒くさがりの兄者からそんな言葉が出るとは……
       ……月日が経つのは早いな」


( ´_ゝ`) 「それは賞賛と取っても?」

(´<_` )「馬鹿にしたつもりだが」

(# ´_ゝ`) 「キー悔しい!」

( ´_ゝ`) 「しかし今夜は寛大な俺なのであった。許す。
       まぁ、ガーリックパウダーなんぞ使わずに生ニンニク使え
       って事だよ、弟者」

(´<_` )「……」

( ´_ゝ`) 「……そこにあるの、お前が作ったやつだろ?」

( ´_ゝ`) 「ペロッ……これはガーリックパウダー!!」

(´<_` )「……ああ……。まさか、兄者がそんな面倒な作業してるなんて
       知らなくてな。見様見真似で作ってみたが……」

(´<_` )「……どうにも、兄者が作ったのと、同じ味がしなくてな」

( ´_ゝ`) 「まぁ、仕方ないさ。俺たちは双子だけど、お互いに
       知らない事だってたくさんある」

(´<_` )「……知らない、事?」


(; ´_ゝ`) 「ああ……って、弟者? 沈んでない、なんか?」

( <_  )「あるさ……知らない事なんかたくさんあるさ」

(; ´_ゝ`)「ちょww弟者ww笑ってwww」

( <_  )「トーストの作り方だってそうだ。俺は今教えられるまで
      知る事もなかった」

(; ´_ゝ`)「ほらww今お兄ちゃん面白い格好してますよwww」

( <_  )「俺はさ、言ったよな? 兄者。雰囲気を大事にしろって」

( ´_ゝ`)「……」

( ´_ゝ`) 「……湿っぽいのは、苦手なんだよ」

( <_  )「……湿っぽいのが苦手だって? そんな事も、俺は知らなかったよ!」

( ´_ゝ`) 「……」

( <_  )「もっと俺はそういう兄者の事を知りたかったし、
      兄者にも俺の事や家族の事とかもっと知って欲しかったのに!」






(;<_;  )「なんで! なんで死んじまったんだよ、兄者!!」






( ´_ゝ`) 「……ゴメン」

(;<_;  )「謝るなよ、畜生!」

( ´_ゝ`) 「湿っぽいのは苦手なんだって、本当に。
       残された時間は少ないんだ、ちょっとでも楽しもうぜ弟者」

(;<_;  )「……」

(´<_` )「……すまん、取り乱した。兄者の言うとおりだな。
       兄者に諭されるとは、流石の俺でも思わなかった」

(* ´_ゝ`)「流石兄弟なだけに!」

(´<_` )「……」

(; ´_ゝ`) 「あれ……ツッコミ不在……?」

(´<_` )「……」

(´<_` *)「そうだな……流石兄弟だけに!」

(; ´_ゝ`) 「おおう……自分のボケを他人に言われると、
       すべり具合がよく解る」

(´<_` )「……やっぱお前もう還れ」

(; ´_ゝ`)「ウソウソゴメーン弟者!! 夜明けまでしかいれない
       お兄ちゃんのためにお話してえええッ!」



その日の弟者の部屋には、朝日が昇るまで一晩中、煌々と明りが灯っていた。


今日は、お盆。



終わり




お題
・テラハンサムwwwwwwwwwwwwwwww
・生ニンニク使用のガーリックチーズトースト
・ああ、いい夜だ……
・沈む

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。