証券 K.2nd:(´・ω・`)は気づくようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > (´・ω・`)は気づくようですTOP > 総合短編 > (´・ω・`)は気づくようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(´・ω・`)は気づくようです   2008.06.27


――いつも何気無く通っているその道―――

――いつも話す友達――――

――自分を生んでくれた母親―――



それが

すべて幻想だったとしたら?

あなたはどうしますか?

狂ってしまうのか…

それとも…?


(´・ω・`)「ん…もう朝か…」

布団を重たげにめくると、そこには見慣れた天井。

(´・ω・`)「さて…そろそろ学校・・・あれ?」

最初の違和感に気付いたのは、7時10分。朝のことである。

(´・ω・`)「あれ…?いつもこの時間には母さんが携帯鳴らしてくれるのに・・・?」

携帯をチェックする。
しかし、着信は無い。


(´・ω・`)「まあ…忘れてるのかもしれない、早く下に降りよう」

しかし…この時気付かなければならなかった…
最初の違和感に…

ドタドタと、階段を降りる。

(´・ω・`)「母さ~ん」

返事は無い。
それどころか、人の気配がしない。

(;´・ω・`)「あ、あれ?今日は仕事も何も無いはずなのに…?」

ショボンは、大変な事になるかもしれない…という不安を直感的に感じていた。



(;´・ω・`)「と、とりあえず学校いこう、帰ったら母さんがいるかもしれないから…」

しかしショボンは感じていた。
もうこのまま、母さんは帰ってこないのでは…?という、
ショボン自身にとっては感じたくも無い疑問を覚えていた。

(´・ω・`)「さて、学校いくかな」

ショボンは誰もいない部屋に、行ってきますと一言言い、部屋を後にした。

ショボンは学校へ続く道を歩いていった。

ショボンは、学校へ近づくにつれ、不安にかられていった。

(;´・ω・`)「今朝…どうしたんだろう…お母さん…大丈夫かな…」

学校へ着いた。
しかし
そこは学校とよべるものではない。
呼ぶとするなら…


廃墟。


(;´・ω・`)「ここ…学校だよね…こんなにボロボロだったっけ?」

(;´・ω・`)「なんか…おかしいぞ…?お母さんには会えなかったし…そしてなにより…」

ショボンは、気付いた。
気付いてはいけないことに、気付いた。

(;´・ω・`)「人が…居ない?」

そうである、しかし、人だけではない。
ハッとショボンは思い出す。

(;´・ω・`)「そうだ…動物…スズメも…蚊も…何も…誰もいないんだ!」


ショボンは気付くと、絶望に打ちひしがれた。

(´ω`)「これから…どうしよう」

人一人…いや…アリ一匹いない町の中央にショボンは取り残されたのだ。

(´・ω・`)「とりあえず、学校に入ろう。」

そう言って振り返る。

しかし…

学校はなかった。

いや

残骸が残っていない…

つまり…

『消えている』のだ。




(;´・ω・`)「さっきまで…学校はあったはず…なのに何故…?」

風に吹かれて一枚の新聞らしきものがとんでいった。

その紙に印刷されていた文字を、僕は忘れないだろう。

世 界 消 滅

と…




消滅。

それは物が消えること。

無くなることではなく、

消える。

消え去ることである。

(;´・ω・`)「世界…消滅?」

そう。この4文字は、ショボンにとどめを刺すのには十分だった。



(ω)「ウフ…ウフフフ…」

ショボンは狂った。
狂ったようにではなく、狂った。
そう、

彼の精神も『消滅』しかけているのだ。

(´゜ω゜`)「アハハハハ!楽しいねえ!」

(´゜ω゜`)「ウフ!ウフ!ウフフフフ!」

周りの建物などが、次々と消えている。

そして…

(´゜ω:::::.「イヒヒヒヒ!」

彼もまた、消えていった。

(´:::::.「…!…!」

そして、

全てが消えた。

―――おわり―――

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。