証券 K.2nd:('A`)変なおっさんのようです

K.2nd

とまってます

TOP > スポンサー広告 > ('A`)変なおっさんのようですTOP > 総合短編 > ('A`)変なおっさんのようです

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)変なおっさんのようです   2008.09.12




                   ('A`) …
                   (ヽ/)
                   <●>

                ●
            ('A`)ノ ハッ !!
            (ヽ )
            <●> )))

         ●
         (('A`) ハッ !!
         (  /)
         <●> )))
       ●
   ('A`)ノ ハッ !!
   (ヽ )
   <●> )))


(('A`) ハッ !!
 (  /)
<●> )))


('A`)変なおっさんのようです


( ^ω^)「・・・・・・・。」

僕はさっきからこの異様な光景を眺めている
       ●
   ('A`)ノ ハッ !!
   (ヽ )
   <●> )))

・・通報したほうがいいだろうか。

( ^ω^)「・・・・・・・。」

  ●  ●
  (('A`)ノ ハッ !!
  (  )
  <ω>

  ●  ●
  ((゜A゜)ノ アッ !!
  (  )
  <ω>

うん、そうしよう。

( ^ω^)「え~と・・110でいいんだおね。」

(゜A゜)「ストゥゥゥゥゥップ!!」

∑( ;^ω^)「おっ!?」


('A`)「そこの少年!君今通報しようとしていたな!?」

( ;^ω^)「は、はいだお。」

('A`) 「全く・・もっと可能性を信じなきゃ・・」(やべー・・危なかった・・。)

( ;^ω^)「可能性?」

('A`)「そうだ。俺から何かを学べる、という可能性だ。」(話振っちまったしちょっと語ってやるか)

( ;^ω^)「はい?」

('A`)「お兄さんなぁ・・・・」

( ;^ω^)(なんか語りだしたお・・てかコイツどうみても「お兄さん」ではなく「おっさん」だお)

('A`)「ちょっと聞いてる?」

( ;^ω^)「え、はい。聞いてますお。」

('A`)「んじゃ続けるよ。高2の夏、近所の祭りに行ったわけよ。」

(  ^ω^)「ほうほう」


('A`)「んで当時俺はいじめられっ子でさ、クラスの奴らも来てるから露店の後ろの林でいじめられるわけ。」

(  ^ω^)「あ~・・」(やっぱりそういうポジションかお)

('A`)「フルボッコくらって財布とられて、おまけに服持ってかれて林の中でスッポンポン。」

( ;^ω^)「ちょ・・・・」

('A`)「田舎だから虫多くてさ、全身蚊に刺されまくりよ。」(デリケートゾーンをアブに刺されたことはヒ・ミ・ツ☆)

( ;^ω^)「うわぁ・・」

('A`)「もう人生がイヤになって死のうと思ってさ・・」

( ;^ω^)「・・・・・・・」

('A`)「でもどうせ死ぬなら何かやっときたいなーと思って、旅にでることにしたんだ。」

(  ^ω^)(典型的・・)

('A`)「林の中にほっぽってあったうちわ二枚で体隠して、全速力で家に向かった。」


'A`)「そしたらさぁ・・・」

(  ^ω^)「お?」

('A`)「うち、借金のせいで取り押さえになってたんだ。」

(  ゜ω゜)

('A`)「全裸で帰ったら服も家具も家もぜーんぶ取り押さえ。トーチャンとカーチャンは失踪。」

('A`)「手元に残ったのは公園に埋めてた貯金箱とうちわ二枚」

('A`)「貯金箱には千円しか入ってなかった。」

('A`)「借金があるとか秘密にすんなよカーチャン・・・・。てかタイミング悪すぎワロタ。」

( ;^ω^)「・・マジ?」

('A`)「マジ。これが証拠だ。」

そう言っておっさんはうちわを一枚僕に渡した。
ボロボロのうちわには「ニュー速商店街 夏祭り 198×年」と印刷されている。

( ;^ω^)「・・・すげー。」

('A`)「だろ。俺もよくここまで生きてこれたと思う。」

( ;^ω^)「・・・・・・。」


('A`)「その後はホームレスの人たちにお世話になったり、ちょっとした治験に手を出して生活してきた。」

('A`)「人としてのプライドさえ捨てれば結構生きられるもんだね。」

('A`)「で、金も溜まったしちょっとした旅にでるかな~ってことでここまで来たのさ。」

( ;^ω^)(信じられないお・・・)

('A`)「まあなんだかんだで運がよかった。無事に今ここで生きてる。」

('A`)(数回豚箱に行ったけど・・・)


( ^ω^)「・・あの~」

('A`)「ん?」

( ^ω^)「質問がありますお。」

('A`)「なんだい?素直に言っちゃいなボーイ!!」

( ;^ω^)(きめぇ・・・)

( ^ω^)

( -ω-)(・・・・・。)

( ^ω^)「幸せなんですかお?」

('A`)「え?」

( ^ω^)「今生きていて僕と話していて、幸せですかお?」

('A`)「・・・・・。」


( ^ω^)(家族を失って・・プライドを捨てて・・。生きていて幸せなのかお?)

('A`)「・・・・・・。」

( ^ω^)「・・・・・・。」

('A`)「ああ。」

( ^ω^)「!」

('A`)「幸せだよ。」

( ^ω^)「・・・・本当ですかお?」

('A`)「醜い格好して見下されて、ゴミを見るのと同じ目で見られる。」

('A`)「でも幸せなんだ。なぜか。」

('∀`)「よくわかんねぇけど・・幸せなんだ。」

( ^ω^)「・・そうですかお。」

('∀`)「ああ。」

おっさんの気持ち悪い笑顔を見て、なぜなのか分からないけど自然に笑みがこぼれた。


( ^ω^)「あともう一つ。」

('A`)「なんだ?」

( ^ω^)「・・なんで服きないんですかお。」

('A`)「・・・・。」

     ●
  ('A`)ノ ヒ !!
  (ヽ )
  <●>


  ●
  (('A`)  ミ !!
  (  /)
  <●>


  ●  ●
  (('A`*)ノ ツ !!
  (  )
  <ω>


僕は静かに颯爽と、110へ電話をかけた。



('A`)「すまんな、こんなくだらねえ話に付き合わせて。」

( ^ω^)「いえ、いいんですお。」

('A`)「そうかい。いいヤツだ。んじゃさいなら!」

( ^ω^)「・・さよーなら!!」

おっさんは僕に手を振って、うちわを交互に動かしながら夕陽の方へ去っていった。
5月6日午後4時53分。僕はこの変なおっさんのことを、一生忘れないと思う。



 __[警]
  (  ) ('A`) 
  (  )Vノ )
   | |  | |

                    ('A`)変なおっさんのようです       終











オマケ


('A`)「・・・・。」

(警)「・・・・・・。」

(警)「キミさぁ・・。」

('A`)「はい?」

(警)「なんで服着ないの?」

('A`)「なんでって・・・・」

(警)「・・・・・・。」

('∀`)「見られるの、気持ちイイんだもん☆」

(警)(だめだこりゃ。)


                    ('A`)変なおっさんのようです      こんどこそ   終

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。