証券 K.2nd:『靴』

K.2nd

とまってます

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『靴』   2008.08.21

歌声に合わせ彼女は踊る。
刹那に抱いた夢と共に、儚い旋律が身を焦がす。
誰かが歌い、踊りは止まぬ。

ああ、それは幻だろうか。

(* ー ) ほら、貴方も。

冷たい音色が身を焦がす。
狂気の歌は終わらない。

歌声に合わせ少女は踊る。
鮮血に染まろうとも、その足は止まらない──

(* ∀ ) 一緒に踊ろ、楽しいよ。
背筋が凍る夢を見る。
彼方で眠る歌を聴く。

あぁ、それは───
(* ∀ )少女の靴は赤い靴、真っ赤な靴は止まらない。

(* ー )彼女の靴は赤い靴、悪魔の靴は止まれない。



眠りを知らない悪魔の歌、終わりを知らない彼女の靴。


歌声に合わせ彼女は踊る。
悪魔の靴、魅入られた彼女は止まれない。


鮮血に染まろうとも。

(* ー ) さ ぁ 、永 久 の 宴 を 。 ( ∀ *)


樵が斧を振り下ろす。
跳ねる鮮血狂気の歌。

少女の意識は夢の中、彼女の歌は止まらない。


(* ∀ ) さぁ永遠を
貴女と共に( ー *)


永久を知らない少女の躯、終わりを知らぬ赤い靴。


千切れた足は靴に抱かれ、笑いながら歌いながら堕ち逝く。




「さあ、永久の宴を。」

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。