証券 K.2nd:2009年04月11日

K.2nd

とまってます

TOP > 2009年04月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)酒盛のようです( ・∀・)   2009.04.11


('A`)「ただいま帰りやしたーっと」

( ・∀・)「お邪魔しやすー、と」

('A`)「テレビテレビ…」

( ・∀・)つ[]「ほいリモコン。下落ちてた」

[]⊂('A`)「ん、さんきゅ」

ピッ

『アイラービニッ♪』


(  ・∀)「ぐい呑みどこだったっけ?」

('A`)「そこの棚。下の段な」

(  ・)ノ「うぃ」

『綺麗なお姉さんは、好きですか?』

ヽ('A`*)「好きでーす!」

(  ・∀)つ「……大丈夫かお前」

('A`)「至って正常な嗜好かと」

( ・∀・)「や、なんで叫ぶの返事してんの」

('A`)「うっせぇほっとけぐい呑み寄越せ」

( ・∀・)つu「飲む前からこのテンションとか……どんだけー」

u⊂('A`)「たまに飲み友来た時くらいハイになっても
    バチは当たらないと思うんだ」

「ま、とりあえず」( ・∀・)つuu⊂('A`)「ん、乾杯」


スポンサーサイト

( ・∀・)イ从゚ ー゚ノi空の穴のようです   2009.04.11



夕闇迫る目抜き通り。僕たちは馴染みの喫茶店へと向かっていた。


通りでは、たくさんの人がたくさんの荷物を持って歩いている。

そして、いろいろな人がいろいろな顔でいろいろな話をしていた。



建物の影を踏みながら歩く君。時折、こちらを振り返ってはいたずらっぽく笑った。

...( ・∀・)イ从゚ ー゚ノi

( ・∀・)うたかたの夢のようです   2009.04.11


( ・∀・)

その日は朝から夜だった。
曖昧な世界。

行き先も定まらず、ひたすら歩いた。


顔見知りの猫と会釈する。ニャオ。

猫は街を横切る。
僕は街を見回す。

( ・∀・) 「まるで、コンクリートの森みたいだ」
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。