証券 K.2nd:2008年12月

K.2nd

とまってます

TOP > 2008年12月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと一緒のようです   2008.12.31

閲覧注意
スポンサーサイト

( ^ω^)のアナルにコードが刺さったようです   2008.12.31

( ^ω^)「アナルにコードが刺さったお」

彼のエネマ穴からは、回虫のように白く輝く細いコードが伸びていた。
そのもう一方は彼が手に持つ携帯電話にどのような理屈かはしらんが繋がっていた。

菊門に異物が挿入なんて事になれば、常人ならば慌てふためくか快楽に身を捩らせるかのどちらかだと思うが、
この前面に惜しげもなく卑猥な形状の口をさらけ出している微笑み青年は、そんな無様な真似はしなかった。

( ^ω^)「とりあえず携帯いじるお」

先程一行目の台詞からして彼が自分の意志でにゅぐりと差し込んだ訳では無さそうであったが、
彼はとりあえず、そのコードのもう一端、彼とコードで連結されている、
言わば運命共同体。傷が至る所についている、
年季の入った携帯電話をぽちくりぽちくりやり始めた。

(・∀・)グラスホッパーのようです   2008.12.31


――ピョンピョン
(・∀・)「たのしい」

――ピョンピョン
(・∀・)「たのしい、たのしい」

(・∀・)「あ、美味しい草だ」

「………」

(・∀・)「お腹すいた!!」

君に声は届かないようです   2008.12.31

閲覧注意

九十八のようです   2008.12.31



ショボン。
君は、私の全てだった。

ゆっくりと私の体が落ちて、大地に叩きつけられるまでの僅かな時間だが、
君との思い出を語ってみようと思う。
所詮は敗者の戯言だ、真剣には聞かないで欲しい。

いや、真剣に聞いてほしい。
私は、君を、ショボン。どうしようもなく愛していたのだから。

正確な日付はすっかり忘れてしまったが、君と出会ったのは、春の日。
陽光零れるアンティークショップで、陳腐なセリフだがまるで運命の赤い糸に
導かれたかのように出会い、そうして惹かれあったな。

「一目惚れしたんだ」

今でもそのセリフを思い出すと、気恥ずかしく、くすぐったく感じるよ。

君と出会い、君を知り、そうして君と共に暮らすようになるのに、時間はさほどかからなかった。
それからの、君と紡いだ私の日々は、恐ろしいほどの幸福に満ち溢れていたんだ。

君の瞳に映りこんだ私は、自分でも気恥ずかしくなるほどに輝いていたよ。
壊れ物を扱うように、いつだって繊細な手つきで私に触れてくれる度、私はほんの僅かばかりの
照れと、溢れんばかりの愛情をもって、自分という存在がこんなにも輝くのかと感動すらしたんだ。

君は、今までのどんな相手とも違う。
君が見せてくれた風景は、これまでの年月に見てきたものを風景と呼ぶのもおこがましい程に輝き、
鮮やかな色彩に包まれていたんだ。

今、この瞬間のようです   2008.12.29


( ^ω^)「幸せの定義?」

 隣を歩く恋人にそんな事を聞かれた。
 こんな質問をされると、今幸せじゃないのかと勘ぐってしまう。
 だけども、彼女が言うように幸せの定義は千差万別であり、人それぞれだ。
 
 俗に言う幸せとは何か。この問い掛けは永遠に答えは出ない事だと僕は思う。
 幸せとはこうであり、こうあるべきものだ、なんて一つの枠に収められる物じゃない。
 そんな小難しい事を言ったって、答えをはぐらかしているだけと思うだろう。
 

( <●><●>)的平和日常のようです   2008.12.29


 
(#*‘ω‘ *)「……」

 その日、彼女の機嫌は最高に悪かったと言えました。
 それなのに。

(;><)「あう……」

 そこには無残に潰れた蜜柑と気まずそうな私の主人こと、馬鹿が一人いました。
 馬鹿、ビロードは彼女が大事にしていた蜜柑を踏みつぶすという、とても私には真似の出来ない芸当を成し遂げた故にこの様になってしまったのです。

(;><)「あ、あの……」

(#*‘ω‘ *)「……ぽ?」

(;><)「なっななな何でも無いんですある訳無いんです!」

 ちらりと、ビロードは私の方を見ます。
 その目が私に『助けて』と訴えているのはワカッテマス。

(;><)「……」

(<●><●> )「さて、そろそろ夕飯の用意をしなくては」

(;><)「まだ十二時なんです!」

なぞなぞを出すようです   2008.12.29


    高 校 に て


('、`*川「口の中に棒状のものを出し入れして、
     最後に白い液体をはき出すのなーんだ?」

川 ゚ -゚)「フェ……」

从*゚∀从「フェ、フェラだろ?」

lw´‐ _‐ノvはマセているようです   2008.12.27


lw´‐ _‐ノv「目茶苦茶にしていいよ」

( ФωФ)ブホッ

lw´‐ _‐ノv「もみくちゃか! もみくちゃがええのんか!」

(;ФωФ)「違いが分からん! 大体我輩にはそんな趣味はないのである!」

lw´‐ _‐ノv「このせくしーばでーに反応せんとは……貴様ホモだったのか」

( ФωФ)「胸より腹が出てる幼女が何を言うか」

lw´‐ _‐ノv雨模様のようです   2008.12.27



今の天気を上手く例えるならば、私達の関係と良く似ている。
晴れ渡らない空、しかし曇るだけで一向に降らない雨。

降るなら降ればいいのに、晴れるなら晴れればいいのに。
曖昧な空に怒りをぶつけてしまえばそれまでなのに、
私は今日も曇ったままの空を仕方ないと片付けてしまった。

それはまるで、貴方に対する私の想いのようだった。


クールとシュールとお昼ご飯のようです   2008.12.27


川 ゚ -゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「やあ、毎度恒例、御昼のランチタイムだ」

川 ゚ -゚)「うん、そうだな。隣のクラスの素直シュールさん」

lw´‐ _‐ノv「本日のゲストはこの方! ダラダラダラダラダラダラ……!」

川 ゚ -゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「ダン! 米!」

lw´‐ _‐ノv二人の日々はケイゾクするようです(ФωФ )   2008.12.27


lw´‐ _‐ノv「男もすなるツンデレといふものを、女もしてみむとて、するなり」

( ФωФ)「何を言っておるのだ貴様は」



lw´‐ _‐ノv二人の日々はケイゾクするようです(ФωФ )

( ゚∀゚)そんな二人のようですlw´‐ _‐ノv   2008.12.27


( ゚∀゚)「ところでシュー。今日紹介してくれる子ってどんな子なんだ?」

lw´‐ _‐ノv「性格は大人しい。だがちょっと奇抜な所がある…らしい。」

( ^ω^)ここは闘技場のようです   2008.12.24


( ^ω^)ここは闘技場のようです


 雨は降らない。
 乾いた風だけが、何年もこの地を吹き抜けていた。
 荒野。
 茶色の地平線と、雲一つない空の堺。
 一つの建造物がそこで存在を叫んでいる。

 ここは平和な世界。

 ここは平和な地獄

 ここは平和な天国

 ここは平和な闘技場。

僕らの先生!のようです   2008.12.24


(*゚∀゚)「なーなー」
( ・∀・)「ん、何だい?」

(*゚∀゚)「今日新しい先公来るんだってさ」
( ・∀・)「3日か…早いね、前回は確か1週間だった」
从 ゚∀从「最長記録は33日さね」

(*゚∀゚)「と言うわけで作戦会議だ!
     次の先公どうやって追い出すか考えようぜ!」
( ・∀・)「それは先生を見てからだろ
      先生によって効果的な追い出し方は違うよ」
从 ゚∀从「まぁ、モララーの言うとおりさね」

(*゚∀゚)「えー…」
( ・∀・)「それより、どんな先生が来るか考えない?」

(*゚∀゚)「あ、それいいかも!」
从 ゚∀从「フン、先生なんて皆一緒さね」
( ・∀・)「そうかな? つーはどう思う?」

(*゚∀゚)「んー…
     …二つ括りで眼鏡でジャージで
     ヤクザの家系だったら面白れーな」
( ・∀・)「ハハッワロス」
从 ゚∀从「ごくせんだろそれwww」

(*゚∀゚)「んだよ…そんなん考えるだけ無駄なんだよ
     よーし見てろ、オレが入ってきたと同時に追い返してやるよ!」

( ・∀・)「はいはい、頑張りなよ」

母者VSクックル   2008.12.24

569 名前:VIPがお送りします:2008/11/11(火) 21:50:44.10 ID:FCAm8Q/50
>>567
 @@@
@#_、_@
 (  ノ`)ノット・ヒューマン

570 名前:VIPがお送りします:2008/11/11(火) 21:57:26.68 ID:2u4K5L3uO
>>569
 @@@
@#_、_@
 (  ノ`)「人のこと捕まえて人間じゃないだと?」


ブーン系的には母者>>>クックル?

571 名前:VIPがお送りします:2008/11/11(火) 21:59:41.05 ID:/HAhDWXyO
>>570
ライオンとトラみたいなもんだ



個人的には同じ

572 名前:VIPがお送りします:2008/11/11(火) 22:02:23.50 ID:dHCippog0
クックル→人間をちょっと超えたところ
母者→人間を超越したところ

個人的にはこんな感じだけど
ほとんど使ったことないから自分の中でキャラが固まってない

シュールと内藤で   2008.12.24


23 :VIPがお送りします:2008/10/30(木) 03:42:50.23 ID:5dHohMigO
lw´‐ _‐ノv「あ」     (^ω^ )「お」

ドレミの歌のようです   2008.12.20

从'ー'从「ドーはドクオのドー」 ('A`) ウツダシノウ


从'ー'从「レーはレモナのレー」 |゚ノ ^∀^) ハーイ!


呼んでるようです   2008.12.20


   ちんぽっぽには大好きな母親がいた。
   「ちんぽっぽ!」「こら!そんな言葉人前で言っちゃいけません!」
   よくそういう風に怒られていた

ふくらますようです   2008.12.20



(´・ω・`)スー


(´・ω)。フー


(´・ω)οフーー

年越しの夢のようです   2008.12.20


( ^ω^)「もうすぐ大晦日だお!」

ξ゚⊿゚)ξ「もう年の瀬かー。時が立つのも早く感じるようになったわね」

冬休みのようです   2008.12.19



( <●><●>)「明日からは」
(*‘ω‘ *)「冬休み!」

(*><)「なんです!」

( ^ω^)ありがとうのようです   2008.12.19


('(゚∀゚∩はじまるよ!


( ^ω^)「はははは はははははん♪」

m9( ^ω^ )「ははは はははん♪」

J( 'ー`)し「 ブーン、晩ご飯よー!」

( ^ω^)「!今行くおー。」



( ^ω^)ありがとうのようです

棺桶死しゅーのようです   2008.12.17

棺桶死しゅーのようです

【+  】´‐ _‐ノv


【+  】‐ _‐ノv「粉雪舞い散る寒空の下、私は静謐な空気を愛でている」

【+  】‐ _‐ノv「冬の夜のなんと美しい事か。この別世界では吐いた息さえ雪に変わる」

ブーンはブラボーのようです   2008.12.16

「ぶらぼー」


──そう、聞こえたような気がした。


「……ん?なんかいったかお?」


窓の外の景色から、目線を外す。その瞬間、僕の視界は白に埋め尽くされた。


「……」


そう錯覚するまでの、白色の使用比率が高い部屋。


「ね、ヒート?」


それは病院。


「何かいったかお?」


僕はたずねる。

そして誰もいなくなったようです   2008.12.16


シャリ、
ジャリ、
何者かが、砥石に刃を当てている。
シャリ、
ジャリ、
にこやかに、砥石で刃を研いでいる。

夏の前の   のようです   2008.12.16

ふとテレビに目をやる。どうやら真昼間から変質者が出たらしい。
最近この手のニュースが後を絶たない。自分も娘を持つ身なので心配だ。
こんなやつはさっさと逮捕されてほしいものだ。

( ^ω^) 「最近はこんなニュースばかりだお」

ξ゚⊿゚)ξ 「そうね、あまり遠いところじゃないし心配だわ」

( ^ω^) 「そういえばそろそろしぃを起こす時間じゃないのか?」

ξ゚⊿゚)ξ 「あら、もうこんな時間。起こさなきゃね」

ぱたぱたと妻が階段を上る。
こんな日常が幸せというのだろう。
僕は幸せ者だ。

風邪薬   2008.12.14

┏━┯
┃ |
┃ △_,、、
┃ /,'3 `ヽ-っ
┻/|:::⊃ ⌒つ/⌒)
./ `ー----'"" ◎、/

(アッ゚ω゚)   2008.12.14


217 名前:VIPがお送りします:2008/11/10(月) 07:43:23.00 ID:I8pef2lSO

兄者と弟者の比較   2008.12.14

流石兄弟@コート姿
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。