証券 K.2nd:2008年10月20日
FC2ブログ

K.2nd

とまってます

TOP > 2008年10月

妹者   2008.10.20

504 VIPがお送りします:2008/10/11(土) 10:20:08.56 ID:joxN0SD0O
流石家の未来
スポンサーサイト



(*゚ー゚)消えない記憶のようです( ^ω^)   2008.10.20


そして僕は目が覚めた。それはどこか見覚えがある場所。

(*゚ー゚)「あ!起きたみたいだね!」

( ^ω^) 戦争が始まるようです   2008.10.20



設定を「強」にされた一台の扇風機から繰り出される生暖かい風が、
テーブルを挟んで向かい合っている二人の男たちに、順番に運ばれていく。
ベランダに通ずる窓は全開にされているが、ここと外の気温差など、太陽光が届かないだけまし、という程度である。

その気だるい暑さの中で、二人はただ目の前にあるノートパソコンとにらみ合っていた。
画面に映っているのは両者とも同じ、喪男ポリスの街風景だった。

('A`)現実、のようです   2008.10.20

音楽を聞いた
響きに感動し、ソレをなぞった
音痴と笑われた

小説を読んだ
書き手に憧れ、文字を綴った
下手くそと叩かれた

('A`)「才能が無い、ってか」
笑った
腹の底から笑えた




('A`)現実、のようです

繰り返されるようです   2008.10.20


―――人間というものは、まず大まかに二種類に分けられる。


有耳種と無耳種だ。



前者には、頭頂部に猫や犬のそれを思わせる耳がにょっきりと生えている。

彼らはそこで音を聞く。
ちょうど三角の耳を持つものもいれば、大耳や丸耳、棒状の耳を持つものもいる。


後者は――まぁ、君たちにいまさら説明はいらんと思うがね――
無耳種とはいっても耳はあるのだが、有耳種とは違い、その耳はこめかみの下、
ちょうど君たちと同じところに耳がついているのだ。

有耳種と比べ、その耳には産毛しか生えておらず、大きさも小ぶりである―――

«  | HOME |  »