証券 K.2nd:2008年10月14日
FC2ブログ

K.2nd

とまってます

TOP > 2008年10月

信じられないようです   2008.10.14

思えば、彼、ドクオは元々変わっていた。
普段から一人で頭を抱えていたり、僕たちが声をかけても、どこか上の空だったり。

(´A`)「監視カメラがなぁ…俺を見てるんだ…」
スポンサーサイト



( ^ω^)笑顔は歪んでいるようです   2008.10.14


ざあざあ、と雨の音が白い空間に広がります。

( ^ω^)「…………」

その中で、僕は彼女を見つめていました。
見つめている事しか、出来ませんでした。

('A`)「なあ、ブーン」

いつの間にか横にいたドクオから声を掛けられて、
それでも、彼女から目を離さずに答えます。

( ^ω^)「……なんだお?」

('A`)「大丈夫、なのか?」

こんな時くらいは――と、遠慮がちな声が病室に響きました。

( ^ω^)「……君は、僕を過大評価しすぎだお」

( ゚∀゚)僕たちは大量殺人者のようです(*゚∀゚)   2008.10.14


…足音が聞こえる

──ピチャ…

水分の塊を跳ね飛ばすことによって起きたその音は、少しずつ小さく、闇へと消えていった。

──ポピチャ…ポタ…

足音とは違う、もう一つの音が、僕の髪から垂れる雫によって起こるそれの音が聞こえる。

─あぁ、今日は雨だなぁ。
«  | HOME |  »