証券 K.2nd:2008年10月04日
FC2ブログ

K.2nd

とまってます

TOP > 2008年10月

( ФωФ)手が届かないようです   2008.10.04

   ( ФωФ)手が届かないようです

  戦況

( ФωФ)(ああ、可憐だ)

从'ー'从 「あれれー、何ぶつぶつ言ってるのかなー」

(   ) 「……くん ……ネスクくん!」

( ФωФ)(まったく人のモノローグに割り込むなど、渡辺め無礼にもほどがあろう)

(   ) 「杉浦ロマネスクくん!」

( ФωФ)!


(*゚ー゚)  「VIP幼稚園薔薇組 田中杉浦ロマネスクくん!」

( ФωФ)「はい!」

(*゚ー゚)  「何を考えていたの?」

( ФωФ)「い、いえ何も」

(*゚ー゚)  「そう? 先生のお話はちゃんときいていてね」

( ФωФ)「は、はい!」

(*゚ー゚)  「それじゃ、田中渡辺ちゃん」

从'ー'从 「はーい」

(*ФωФ)(このすてきな女性はしぃ先生。我が輩のスイートハート(予定)だ。)

从'ー'从 「全然相手にされてないけどねー」

(#ФωФ)「うるさい。人のモノローグに勝手に割り込むな」


( ФωФ)「今はしぃ先生の心に届かなくてもいつか必ず」

グッ

( ФωФ)「彼女の心を掴んでみせる」

ガシッ

ξ゚⊿゚)ξ 「ちょっと何いきなり人の縦ロールつかんでるのよ」

( ФωФ)「す、すまぬツン。少し気が動転しておったのでな」

ξ゚⊿゚)ξ 「あんたごときがあたしに触れるなんて10年は早いわよ。貧相な渡辺でも触ってなさい」

从*'ー'从 「ふぇぇ、まだ早いよう」

( ФωФ)「照れるな! というか「まだ早い」ってなんだよ! そもそも我が輩の双子の妹だろうが」
スポンサーサイト



('A`)たちが学園祭を盛り上げるようです   2008.10.04

どこまでも暑苦しい、どこまでも清々しい、どこまでもありふれた青春物語。

私立VIP高校 放課後、

( ^ω^)「おいドクオ、生徒会の人が呼んでるお。学祭のイベントの相談らしいお?」

('A`)「そういえば手伝うって約束してたわ。ちょっと行ってくるわ」


('A`)たちが学園祭を盛り上げるようです

温かいようです   2008.10.04

手が離れてしまった。


ハインの体重を預かっていたはずの右腕が、今はもぎ取りたい程に軽い。
咄嗟に振り返ったけれど、遥か下の分厚い雲が何もかもを白く飲み込んだ後だった。
突き刺した鉄串を握る左手が俺を生かしていた。

内藤が落ちた。
兄者が吹き飛ばされた。
渡辺は泣き叫びながら視界から消えた。

ハインの愛しい体温が残る掌はからっぽになった。
('A`)「ふざけんなよ」
«  | HOME |  »