証券 K.2nd:2008年10月03日
FC2ブログ

K.2nd

とまってます

TOP > 2008年10月

【+  】ゞ゚)棺桶死オサムは行き来するようです   2008.10.03



【+  】ゞ゚)棺桶死オサムは行き来するようです


( ゚ゞ゚)「人間について知識を深めたいのだが、いい方法はないだろうか」

川 ゚ -゚)「はいオサム様。やはり人間のことを知るには人間になりすまし、人間界に潜むのがよいかと」

人間界とは別世界に位置魔界。そのとある断崖に聳える古城の、人型の吸血鬼達による定例会議。
今回の議題は城主の棺桶死オサムが述べたように、来る人間界侵攻に向けての人間の理解であった。

ζ(゚ー゚*ζ「私も同感ですわ兄様」

正式な部下であるクーとモララーに、彼の妹にあたるデレを加えて、会議は粛々と進んでいる。

( ゚ゞ゚)「だろうな。だが如何せん手段がない。開発部部長よ、アレの完成はまだかね?」

( ・∀・)「オサム、ナイスタイミングだ。大量生産にはコストの都合上まだ難しいが、
少数なら既に完成した。一つは完全にテスト済み、なんなら今すぐいけるぜ」

( ゚ゞ゚)「ふむ。……ならば試してみるか」

目視の方が伝聞よりも把握しやすいというオサムの意見に、クーとデレは反対したが、
本人の意思と失敗時の立ち回りを考慮し、最高の魔力を持つ彼が出向くことになった。

出立の準備は瞬く間に整う。転送機である棺桶を祭壇に立て、中にオサムが入り、蓋をするだけ。

ζ(゚ー゚*ζ「気をつけていってらして、兄様」

( ・∀・)「ふむ、では僕は土産を頼もうかな」

川 ゚ -゚)「オサム様、あなたが持ち帰れるのは情報だけです。くれぐれも頓痴気の戯言を真に受けないよう」

旅立つオサムに、彼らなりの激励が飛ぶ。棺桶を取り囲んで城の重鎮が話しかけているその様は、
もし部下が見ていたら絶句し、白昼夢だろうと思うくらいシュールであった。
スポンサーサイト



僕らの夏の一夜のようです   2008.10.03


(´・ω・`)「皆で夜更かし や ら な い か 」
あんまり興味がそそられない言葉で、それは開始された。

«  | HOME |  »