証券 K.2nd:2008年10月
FC2ブログ

K.2nd

とまってます

TOP > 2008年10月

( ∴)は夢を見るようです   2008.10.11


 ここはブーン系小説控え室。
 出演未定のキャラクター達が大部屋で待機していた。

( ∴)「あー、俺も主役やってみたいよな…」

( ∴)「つーかまず作品に出たいわ。ここ数ヶ月水だけで生活とかやばくね?」

 彼の名はゼアフォー。
 代表作…無し。

ブーンは公園にいるようです   2008.10.11


ここはある公園。どこにでもある、平凡な公園。
平凡とは特別な所が無い事。普通。並。
では、この公園には特別な所が無い、と?
否。否。それは断じて否であるッ!
ここが、平凡な公園だと!? 何を持って平凡だと! 何を持って平凡だと!

砂場。滑り台。ブランコ。鉄棒。

それだけあれば平凡だろう。だが、だがだよ! 画面の向こうの君達よ!
その平凡な公園は、たった一つ。たった一つの存在が特別にするッ!!
今思えば、平凡とは一つの事で特別な事に変わるものだよ。
例えるならいつもの友達との遊びに女の子が加われば特別。普通の物に何か特典が付けば特別。

話しが逸れたが、つまり、この平凡な公園は平凡じゃないのだよ!
ああ、もうそれはそれは特別な公園になっている!

ξ*゚⊿゚)ξ「あははー」

あの、幼女がいる事によって!!



ブーンは公園にいるようです

( ^ω^) サイダーvsコーラ ξ(゚⊿゚ξ のようです   2008.10.11


 
サイダー。覗くと向こう側が透けて見える無色透明で、それを口に入れてみるとたちまちほどよい甘味と酸味が口の中へと広がっていく。
香りは柑橘系の爽やかな香りで、それはまるで静かに揺れる湖面のようで、清涼飲水の域。いや、それ以上かもしれない。

( ^ω^)「うめぇwwwwwwwww桜の塩漬け付きつぶあんパンとの相性良すぎだおwwwwwww」

ここはある公園。どこにでもある広い敷地に平日は主婦が和やかに世間話に花咲かせ
休日は家族サービスに奮闘する父が子を連れてやってきてはキャッチボールや自転車の乗る練習に励む、そんな平凡な公園。

( ^ω^)「ゴクゴクゴク……っぷぁ!! やっぱりサイダーは最高に美味いお!!」

その公園で平日の昼間にも関わらずに日影のベンチに腰掛けて大声で独り言を話す男がいた。
片手に白色のベースに緑の彩色の施されたサイダーの缶をにぎりしめ、片手にあんパンというどうなのかと思う組み合わせの昼食を持っている。
 


コーラ。黒々としている中にも僅かな明るさのある炭酸飲料。
多量のカフェインと砂糖が含まれているそれは甘い。
だが、その甘さを和らげるように炭酸の刺激があり、それでいて甘さを引き立てている。
甘さの中に刺激がある。それはまるで恋愛小説のように可憐であった。

ξ゚⊿゚)ξ「コーラ。それは愛
      コーラ。それは希望」

ここはある公園。どこにでもある広い敷地に平日は老人がゲートボールに勤しみ
休日は老人が孫を引き連れてアスレチックで遊び、そのうちにいつの間にか老人があの世というゲートに自身というボールをインしてしまう、そんな平凡な公園。

ξ゚⊿゚)ξ「ゴクゴクゴク……っふぅ! やはりコーラは非常に美味であるな」

その公園で平日の昼間にも関わらずに日影のベンチに腰掛けてボソリボソリと独り言を話す女がいた。
片手に鮮やかな赤一色に染められたコーラの缶をにぎりしめ、
片手でくるくると巻かれた髪をいじっている。
まだ、二人は気付いていない。宿敵が隣のベンチ、僅か十数メートルの距離にいる事を。




二人はまた、缶を傾けるとそれぞれの飲み物をグイッと首を後ろに向け一気に最後まで飲み干した。

( ^ω^)ξ゚⊿゚)ξ「「っぷぁ! やっぱりサイダー(コーラ)は最高だお(な)!!」」


( ^ω^)「お?」


ξ゚⊿゚)ξ「ぬ?」


二人は、その時にお互いの存在を確認した。そして、一瞬目を合わせただけで感じ取った。


( ^ω^)(こいつ……)


ξ゚⊿゚)ξ(ほう……こやつは)


そう、自らの宿敵である力量を感じ取ったのだ。こいつはできる、と。

( ^ω^)(おっおっ)

ξ゚ー゚)ξ(こいつは楽しくなりそうだな)

二人の間に見えない火花が散り、戦いの火ぶたは切って落とされた。


( ゚∀゚)女装大作戦のようです('A`)   2008.10.11


(* ゚∀゚)「超いい事思いついたんですけどおお!!」

女性教師の声とノートに文字を書き込む音以外は、男同士が愛し合う不気味な物音しか聞こえない。
そんなVIP高校2年A組の教室に、ジョルジュの叫び声が響き渡っていた。

他の生徒たちが呆然とする中、ドクオは目の前にいる親友に声をかけた。

(;'A`)「おい……今授業中だぞ……」
  _
( ゚∀゚)「んな事どうだっていいんだよ!」

(;'A`)「よくねーよ、みんなこっち見てんだろが」
  _
( ゚∀゚)「見られて感じてハッピーハッピーだろ」

('A`)「ねーよwwww」

J(#'ー`)し「クラああああああ!! 何でけー声でペチャクチャ喋っとんじゃワレらああああああ!!!」

気がつくとジョルジュ達の前には鬼の様な表情をしている女性教師がいた。
閻魔大王も裸足で逃げ出すレベルの鬼女だ。

しかし、生徒たちにとって、この様な光景は日常茶飯事なので、もう慣れてしまっていた。
ジョルジュに至っては、鬼女の怒りを静める技を習得しかけている。

( ゚∀゚)「先生、ちょっとしたお喋りくらい許してくださいよ」

J(#'ー`)し「ちょっとどころの騒ぎじゃねーからブチ切れてんだろ!!
普通、授業中のちょっとしたお喋りっつったらコソコソ話のレベルだとおいどんは思いますたい!!
それなのに御主達は『授業妨害? 何それおいしいの?』と言わんばかりの大声で喋りよると!!
ワイはそれが許せんかったから怒っとるばい!!」
  _
( ゚∀゚)「そんなことより先生、おっぱいの形が綺麗ですね」

ジョルジュのその一言で鬼女の顔から怒りの色が消えていった。

J( 'ー`)し「グリフィンドールに10点、授業を再開します。」
  _
( ゚∀゚)「シャオラッ」

('A`)「お前凄いな……あんな干し柿みたいなのお世辞でも綺麗って言えねえぞ……」

ドクオが修学旅行で行った沖縄の海での風景を思い出しながら小声でそう話しかけたとき。

鬼女の地獄耳が炸裂した。

J(#'ー`)し「ドクオてめー!! 反省文二百枚書いて持って来い!!」

二人が卑猥な言葉を書き始めて約三十分、未だ作文用紙は百八十枚ほど残っていた。

総合イラスト 6月24日(擬人化)    2008.10.10

6月24日に立ったスレのイラスト 11枚

総合イラスト 6月24日(AA体)   2008.10.10

6月24日に立ったスレのイラスト 6枚

('∀`)オールナイトドックン   2008.10.08



ピッ…ピッ…ピッ…ポーン!


('∀`)「ハロー! ラジオの前の皆! 時刻は1:00! オールナイトドックンの時間だよ!」


('∀`)「この番組はリスナーの皆から寄せられた日頃の悩みや疑問にこのDJドクオがお答えする番組だ!」





('∀`)「それじゃあ早速! 一通目のメールから行ってみよーう!」

(,,゚Д゚) 君への手紙のようです(*゚ー゚)   2008.10.08


(,,゚Д゚) 「昔さ、俺らの学校でタイムカプセル埋めなかった?」

(*゚ー゚)「あ、埋めたね。十年後掘り返すんだっけ? もうそろそろかな?」

川 ゚ -゚)思い出と共にのようです   2008.10.08


ここは東京の某ビルの上…そこに一人の男と女がいた。

(;^ω^)「やめろクー!俺達が争わなきゃいけない理由はもうないんだ!
     それに約束したじゃないか!一緒に帰ろうって!」

川 ゚ -゚)「黙れ…黙れ黙れ黙れ!お前がしてきた事全てを水に流せというのか!?」

双子のようです。   2008.10.05



川*゚ 々゚)「シュー、おままごとをしましょう」

lw´‐ _‐ノv「はい、……お姉ちゃん」

川*゚ 々゚)「私がお母さん、シューが子供ね」

lw´‐ _‐ノv「……はい、お姉ちゃん」


ばちん。

右の頬が、熱くなる


川*゚ 々゚)「私はお母さんでしょ? シュー」

lw´#) _‐ノv「…………はい、お母さん」





双子のようです。


( ゚д゚ )は転校生のようです   2008.10.05


(´・ω・`) 聞いたかい? 転校生が来るらしいよ

('A`) 可愛い子ちゃんキボンヌ

(*゚ー゚) いい人だと良いねー

ガラガラ

│д゚)

((( ゚д゚)

( ゚д゚) …

( ゚д゚ )

(;´・ω・`);'A`);*゚ー゚) ゴクリ…

( ゚д゚ )

Tさんのようです   2008.10.05

('A`)「よぉB、知ってるか?」
( ^ω^)「どうしたんだお、D?」

('A`)「最近この辺りで殺人事件があったそうなんだよな。
    アイスピックで滅多刺しだってよ、こぇぇよな、マジで」
( ^ω^)「うわー…それは悲惨だお」

( ФωФ)手が届かないようです   2008.10.04

   ( ФωФ)手が届かないようです

  戦況

( ФωФ)(ああ、可憐だ)

从'ー'从 「あれれー、何ぶつぶつ言ってるのかなー」

(   ) 「……くん ……ネスクくん!」

( ФωФ)(まったく人のモノローグに割り込むなど、渡辺め無礼にもほどがあろう)

(   ) 「杉浦ロマネスクくん!」

( ФωФ)!


(*゚ー゚)  「VIP幼稚園薔薇組 田中杉浦ロマネスクくん!」

( ФωФ)「はい!」

(*゚ー゚)  「何を考えていたの?」

( ФωФ)「い、いえ何も」

(*゚ー゚)  「そう? 先生のお話はちゃんときいていてね」

( ФωФ)「は、はい!」

(*゚ー゚)  「それじゃ、田中渡辺ちゃん」

从'ー'从 「はーい」

(*ФωФ)(このすてきな女性はしぃ先生。我が輩のスイートハート(予定)だ。)

从'ー'从 「全然相手にされてないけどねー」

(#ФωФ)「うるさい。人のモノローグに勝手に割り込むな」


( ФωФ)「今はしぃ先生の心に届かなくてもいつか必ず」

グッ

( ФωФ)「彼女の心を掴んでみせる」

ガシッ

ξ゚⊿゚)ξ 「ちょっと何いきなり人の縦ロールつかんでるのよ」

( ФωФ)「す、すまぬツン。少し気が動転しておったのでな」

ξ゚⊿゚)ξ 「あんたごときがあたしに触れるなんて10年は早いわよ。貧相な渡辺でも触ってなさい」

从*'ー'从 「ふぇぇ、まだ早いよう」

( ФωФ)「照れるな! というか「まだ早い」ってなんだよ! そもそも我が輩の双子の妹だろうが」

('A`)たちが学園祭を盛り上げるようです   2008.10.04

どこまでも暑苦しい、どこまでも清々しい、どこまでもありふれた青春物語。

私立VIP高校 放課後、

( ^ω^)「おいドクオ、生徒会の人が呼んでるお。学祭のイベントの相談らしいお?」

('A`)「そういえば手伝うって約束してたわ。ちょっと行ってくるわ」


('A`)たちが学園祭を盛り上げるようです

温かいようです   2008.10.04

手が離れてしまった。


ハインの体重を預かっていたはずの右腕が、今はもぎ取りたい程に軽い。
咄嗟に振り返ったけれど、遥か下の分厚い雲が何もかもを白く飲み込んだ後だった。
突き刺した鉄串を握る左手が俺を生かしていた。

内藤が落ちた。
兄者が吹き飛ばされた。
渡辺は泣き叫びながら視界から消えた。

ハインの愛しい体温が残る掌はからっぽになった。
('A`)「ふざけんなよ」

【+  】ゞ゚)棺桶死オサムは行き来するようです   2008.10.03



【+  】ゞ゚)棺桶死オサムは行き来するようです


( ゚ゞ゚)「人間について知識を深めたいのだが、いい方法はないだろうか」

川 ゚ -゚)「はいオサム様。やはり人間のことを知るには人間になりすまし、人間界に潜むのがよいかと」

人間界とは別世界に位置魔界。そのとある断崖に聳える古城の、人型の吸血鬼達による定例会議。
今回の議題は城主の棺桶死オサムが述べたように、来る人間界侵攻に向けての人間の理解であった。

ζ(゚ー゚*ζ「私も同感ですわ兄様」

正式な部下であるクーとモララーに、彼の妹にあたるデレを加えて、会議は粛々と進んでいる。

( ゚ゞ゚)「だろうな。だが如何せん手段がない。開発部部長よ、アレの完成はまだかね?」

( ・∀・)「オサム、ナイスタイミングだ。大量生産にはコストの都合上まだ難しいが、
少数なら既に完成した。一つは完全にテスト済み、なんなら今すぐいけるぜ」

( ゚ゞ゚)「ふむ。……ならば試してみるか」

目視の方が伝聞よりも把握しやすいというオサムの意見に、クーとデレは反対したが、
本人の意思と失敗時の立ち回りを考慮し、最高の魔力を持つ彼が出向くことになった。

出立の準備は瞬く間に整う。転送機である棺桶を祭壇に立て、中にオサムが入り、蓋をするだけ。

ζ(゚ー゚*ζ「気をつけていってらして、兄様」

( ・∀・)「ふむ、では僕は土産を頼もうかな」

川 ゚ -゚)「オサム様、あなたが持ち帰れるのは情報だけです。くれぐれも頓痴気の戯言を真に受けないよう」

旅立つオサムに、彼らなりの激励が飛ぶ。棺桶を取り囲んで城の重鎮が話しかけているその様は、
もし部下が見ていたら絶句し、白昼夢だろうと思うくらいシュールであった。

僕らの夏の一夜のようです   2008.10.03


(´・ω・`)「皆で夜更かし や ら な い か 」
あんまり興味がそそられない言葉で、それは開始された。

ツン胸のようです   2008.10.02

違う作者さんの作品を一つにまとめてあります。

ミセリに眼鏡を掛けたら、のようです   2008.10.02


ミセ*゚ー゚)リ ハローさんちょっとメガネ貸してー


いちれす、のようです   2008.10.02

同作者さんの1レス短編を一度にまとめてあります。

1.
( ^ω^)「ふふふ……エロ本を使ってドクオを捕獲するお……」

('A`) スタスタ……

( ゚ω゚)(ktkr!)

('A`)「む、エロ本?」

('A`)「……なんだこれ持ってるや」

(;^ω^)「ちょぉおおおおおい!」

(;'A`)「ん? いきなりなんだブーン……ってなんでねずみ捕りの大きいタイプにつかまってんだ!」

(;゚ω゚)「しまったぉおおおおお!! ちくしょう! 抜け出せねぇ!」

ξ゚⊿゚)ξ「今よ!」カポッ!

(;'A`)「透明のドームがかぶせられたぁっ!?」

ξ゚⊿゚)ξ「これでブーンを犠牲にしてドクオを捕まえられたわ!」

( ^ω^)「やったお!」

ξ゚⊿゚)ξ「それじゃあ私も入る!」

川 ゚ -゚)「私も!」 从 ゚∀从「俺も!」 (*゚ー゚)「私も!」 (,,゚Д゚)「俺も!」 ( ФωФ)「我輩も!」 (´・ω・`)「僕も!」


( ^ω^)A`)⊿゚)ξ -゚)∀从ー*)Д゚)ωФ) 『わぁい!』


«  | HOME |  »