証券 K.2nd:2008年09月30日
FC2ブログ

K.2nd

とまってます

TOP > 2008年09月

もらにゃんのようです   2008.09.30


(*゚ー゚)「にゃー」

( ・∀・)「にゃー」

(*゚ー゚)「にゃぁん」

( ・∀・)「うにゃあ」
スポンサーサイト



トソンと記憶とミルクティーのようです   2008.09.30


(´・ω・`)「ご注文の品をお持ちしました」

(゚、゚トソン「ありがとう、頂きます」

(´・ω・`)「……」

(゚、゚トソン「……? どうかしましたか?」

(´・ω・`)「いえ、いつもミルクティーなんだな、と思いまして」

れっつにょみーんのようです   2008.09.30


( ^ω^)「誰もいない……」

( ^ω^)「にょみーんするなら今のうち!」

( ^ω^) ナイトウ ~空に飛び立った天才~   2008.09.30

     
 『麻雀』

それは世界で広く親しまれている有名なゲーム

このゲームに命を賭ける者達が……

……いや

命を賭けさせられる者たちがいた
   ~~~~~~~~~~~~~~



( ^ω^) ナイトウ ~空に飛び立った天才~


川 ゚ -゚)混沌としたの町のようです   2008.09.30

(´・ω・`)「やぁ、海なんか眺めてどうしたんだい?」

川 ゚ -゚)「いや…ちょっと考え事をしていたんだ」

(´・ω・`)「考え事か…君らしくもない」

川 ゚ -゚)「私だって考え事をする時ぐらいある…」

(´・ω・`)「ふむ、まあ暗くならないうちに家に帰った方がいい、またこの前みたいに強姦されるよ」

川 ゚ -゚)「そうだな、あんな事はもうこりごりだ」

私は重い腰をあげると、私の友人のショボンの後をついていった。
私達は街の中心から離れた場所に住んでいる。何故ならこの街には法がない…
人を殺しても、犯しても、盗みも働いても、なんの罪には問われない…
そんな私達の住む街を初めて見た人たちは口を揃えて言っていた。

「カオスが凝縮されたような街」 と…

( ><)名探偵なんです?ビロみちゃん!のようです('A` )   2008.09.30

『ビロみちゃ~ん!!』

( ><)「わかんないんです!!」

 VIP学校1年α組のビロみちゃんは名探偵!
 解けない謎は無いんだけど口癖は「わかんないんです」なんだよ、矛盾してるね!


埼玉爆発ラーメン事件のようです   2008.09.30


( ^ω^)「あいお!焼肉定食おまちどうだお」

( ・∀・)「は?ここラーメン屋だろ…おい!聞いてねぇぞスタッフ!すたっふぅー!!」

('A`)「ラーメン屋か…久々に食いにいこうかな…」

カップラーメンの容器とコンビニ弁当の空きが散乱した部屋の中一人の男がラーメン屋に向かう決心をした。
男は財布を手に取り部屋を飛び出した。


刹那、男はドアの前にいた者とぶつかりその場に倒れこんだ。

('A`)「いてて…大丈夫かあんた?」

ξ゚⊿゚)ξ「大丈夫…ってドクオ!?あんた生きてたの?」

('A`)「えらい言われようだな…俺はこのとおりぴんぴんしてるぜ」

ξ;゚⊿゚)ξ「でもでも!この前あんたに会ったときあんた、
       ('∀`)『夜が更けるに更けすぎて完全なる闇が訪れる…』
       とか言ってたじゃない!」

('A`)「ごめん、あん時めっちゃ酔っぱらってた」

ξ゚⊿゚)ξ「それはいいけど…あんたどっかいくの?」

('A`)「あぁ…久々にラーメン屋にでもいこうかなと」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、ならあたしもいく!夕食作るのめんどいしさー」

こうしてドクオはツンという隣人を仲間に加えラーメン屋へと旅立った。
と、言ってもツンの提案で最近できたばっかりのラーメン屋(徒歩4分)の所へいっただけ。

('A`)「たのもー」

( ∵)「…らっしゃい」

店の中にいたハチマキをした店主が迎える。
ドクオとツンは手近なカウンター席に座るとメニューを開いた。

('A`)「普通のラーメンは食いあきたしな…親父、この店のおすすめのやつを頼む」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ、私はこの18ラーメンってのを頼もうかな」

( ∵)「えーと、にんにくラーメンチャーシュー丸ごと、と18ラーメンね
   先に確認するけどお宅ら高校卒業してる?」

('A`)「あたりまえだ、俺はもうすぐ21だ、こいつは今年20」

ξ゚⊿゚)ξ「おめぇ勝手に乙女の年齢ばらすなよ、つぎいったら殺すぞ」

('A`)「ごめんなさい…」

注文と年齢の確認を終えると、店主は厨房から出ると、ガラス張りの店のドアに黒いカーテンと営業終了の札をたてる。

( ∵)「よし、じゃあ作るから待ってな」

そう言うと店主は厨房に戻り、そこにあるドアを開けてどこかへ行ってしまった。
しばらくすると、突然店内に女性の悲鳴があがる。

ξ゚⊿゚)ξ「な…なに?」

('A`)「しらねぇよ、あの親父が包丁で手でも切って娘か奥さんでさわいでんだろ?」

そう言うとドクオは店に置いてあったジャンプを手に取り読み始める。
ツンは底知れぬ不安にびびりながら水のはいっていたグラスを落として割った。
しばらくすると、ドアの奥からドンブリを持った店主が現れる。

( ∵)「はいにんにくラーメンチャーシュー丸ごとおまち」

そう言ってドクオの前に出されたのは、どう見てもスパゲティ(ミートソース)です

(#'A`)「てめぇ!このくそなすび!あほ!どう見てもスパゲティじゃねぇか!
    ここラーメン屋じゃねぇのかよ!あ、ついでにお水おかわり」

( ∵)「なんでもありがこの店のモットーだ」

('A`)「じゃあしょうがない」

そう言ってドクオはスパゲティを口に含んだ…そして噴き出した。

('A`)「いやぁ!なにこのスパゲティ超まずーい!てかありえねぇし
   なんだよこの味jkて食えねぇだろ」

( ∵)「にんにくラーメンチャーシュー丸ごと味のスパゲティ(ミートソース)だ遠慮なく食え」

('A`)「食えるかこんなの」

( ∵)「ああ、言い忘れていたがそれを口に含んだ瞬間君には呪いがかかる」

('A`)「な…なに!?どんな呪いだ?もしかしてインポになるとかか?」

( ∵)「いや、12時間以内に食えなかったから埼玉が爆発するから
   それが今回の呪い…そう!ビコーズの呪いだ!」

('A`)「自分で自分の名前いって恥ずかしくない?」

( ∵)「超恥ずかしい」
«  | HOME |  »