証券 K.2nd:2008年09月20日
FC2ブログ

K.2nd

とまってます

TOP > 2008年09月

( ´_ゝ`)流石兄弟は語り合うようです(´<_` )   2008.09.20


『( ´_ゝ`)流石兄弟は語り合うようです(´<_` )』



(*´_ゝ`)「やっべwwwwwww俺この角度テライケメンwwwwww」

(´_ゝ` )三サッ

(´_ゝ`*)「パネェwwwwこの姿勢もテラハンサムじゃねwwwwww」

(´<_` )「……」

(´_ゝ`*)「……」

(´<_` ;)「……兄者?」

(´_ゝ`;)「……」

サッ三(; ´_ゝ`)「……」


( ´_ゝ`) 「弟者か。いつからそこにいたんだ? ノックをしろと
       いつも言っていただろう常考」

(´<_` ;)「いや……うん、今更クールぶろうとしても無駄だと思うが。
       ていうかそっちこそいつの間に人の部屋n」

( ´_ゝ`)三つ 「そぉい!」

サッ三(´<_` )

( ´_ゝ`) 「……む。俺の黄金の右をよけるとは。腕をあげたな弟者」

(´<_` )「そのヘナチョコパンチが黄金の右だと言うのなら、
       全人類がボクシングのチャンピオンだな」

(´<_` )「……ていうか、普通に俺を殴れないだろ、兄者は」

( ´_ゝ`) 「そうだった。流石弟者、冴えているな!」

(´<_` )「冴えてない。兄者がおかしいだけだ。
       ていうかもっと雰囲気を大事にしろ」

( ´_ゝ`) 「規格外の男、それがこの兄者様さ!」

(´<_` )「黙れ」
スポンサーサイト



( ´_ゝ`)魔王討伐隊のようです   2008.09.20


( ´_ゝ`)魔王討伐隊のようです


(´<_` )「あにじゃ、手をだしたまえ」

( ´_ゝ`)「ほい?」

(´<_` )「これはデンセツのいしだ。せかいにふたつとないぞ」

( ´_ゝ`)「そ、それはすごい」

l从・∀・ノ!リ人「・・・・」

兄弟の人生のようです   2008.09.20


「少し俺の話を聞いてくれないか」


「ある所に、そっくりな顔をした双子の兄弟がいたんだ」

「双子の兄弟は昔から、己の特性をいかして、うまい事やってきた」

「兄の方はなんにでも手を出し、飲み込みも早かった。だがすぐに飽きて他の物に気をとられてしまう」

「弟の方は、昔っから好奇心が少なくてな。だが、大器晩成型というんだろうか。しっかり取り組めば絶対に上達する事が出来た」


「んー……」


「二人とも自分の得意な事はよく理解して、うまくやってきてるつもりだった」

「兄は大人になってからも色々な物に手をつけたがるその性格から、様々な職種についた」

「自分の想像力を発揮して世界を変えるのが楽しかったんだろうな」

「そのうちプロデューサーになった兄は、奇抜なアイディアを量産し、今までのテレビ界をがらりと変えた」

「彼の受け持つ番組は高視聴率をたたき出した。少ない予算で大きく元を取る事も、評判の種となった」

«  | HOME |  »