証券 K.2nd:2008年09月
FC2ブログ

K.2nd

とまってます

TOP > 2008年09月

153番目の灰色の部屋のようです   2008.09.17

爪'ー`)y‐「虫垂強化手術完了。成功しました」

( ФωФ)「御苦労だった。これで残る臓器は腎臓と膀胱周辺のみだな」

事務的な報告を終えてフォックスは部屋を出た。
君は優秀で助かる、と手に握らされた大して厚くない封筒を開けずにゴミ箱へ捨てる。

今彼女が一つ一つ丹念に臓器強化手術を施している戦闘強化人間実験体は、通しで数えて153号だった。
つまり152体の実験に失敗し、その教訓をもって改造されている。

152体の失敗は152の命をもてあそんだということだ。

しかし今フォックスの脳裏にその事実の重みは無い。
その重みを感じる暇があるなら153号の成功を考えなければならない。

153号の集中処置室の戸を開けた。素早く繋がれた機器の数値チェックする。

爪'ー`)y‐「異常無し……と」

(-<_- )「……」

153号は目を閉じたままだ。

フォックスは153号に近づいて頬に手を触れた。

半年前までは彼女と共に研究者として152号を看取り、彼女と共に伴侶として生きていた彼の頬に。
発狂し銃殺されて153号と呼ばれるようになった、彼の、頬に。

弟者は戦い、微笑むようです   2008.09.17

(´<_` )「ほう、力はそこそこだな」
  _
(;゚∀゚)「テメェさっさとそこをどきやがれ……っ」

(´<_` )「 だ が 断 る 」
  _
(#゚∀゚)「なら、力ずくでも退かせてやらァ」

弟者はジョルジュの右拳を、ジョルジュは弟者の右拳をそれぞれ握りながら、
互いの腕に力を込めていた。弟者は俺たち三人とジョルジュの間に体を入れ、攻撃させないよう
うまく相手をコントロールしている。
  _
(#゚∀゚)「ぐぎぎぎぎぎぎぎ」

(´<_` )「まあ頑張ってくれ」

ジョルジュが顔を真っ赤にしている様子からして、かなりの力がかかっているはずだが
それにもかかわらず弟者は涼しい顔。しかも、彼の右腕はどういう仕組みなのか
ツンの右腕がくっついている。頼りない銀の腕が、対照的なジョルジュの腕を捕まえ決して放さない。

从・∀・ノ!リ人は( ゚д゚ )に見られているようです   2008.09.16

 太陽が西に傾いた。
 たいして広くない公園に少女が一人、悲しそうにブランコを揺らしている。
 小柄で幼い顔。
つぶらな瞳には悲しみが映り、太陽と共に消えてしまいそうな、儚げな姿だった。

从・∀・ノ!リ人「兄者たち、おそいのじゃ」

 ぽつりと呟いた声は、寂しく夕闇に溶けていく。
それが少女の恐怖心に拍車をかけた。

从・∀・;ノ!リ人「さ、さびしくなんかないのじゃ!妹者はしっかりものなのじゃ」

从・∀・。ノ!リ人

从・∀・;ノ!リ人「泣いてなんかないのじゃ!」

 一人虚しく声を張り上げる。
 ほんの少しの間に太陽はまた沈んでいた。

すべって転んで、のようです   2008.09.16

(;´_ゝ`)「うわっ!」 つるっ すてーんっ

(;´_ゝ`)「あてててて……なんでこんなとこにこんなものが……」

(´<_` )「兄者……」

从'ー'从渡辺は電脳少女のようです   2008.09.16


从'ー'从渡辺は電脳少女のようです


こんにちは、私は渡辺。
混沌としたネットの海に現れた美少女アイドルなの。
みんなはワタっちって呼んでるよ。私の仕事は疲れた現代人を癒やすこと。
でも視覚による癒やしだけじゃ、今時やっていけないんだ。
だから私には可愛さ以外にもう2つ与えられたものがあるの。1つは―――

从'ー'从「わったわたにしてあげる~♪」

この透き通るような歌声。私は歌でみんなの心を癒やしているの。
生まれた時からずっと、ずーっとね。

(  _ゝ )「……やっぱり、ここは直すべきか。
ワタっち、手直しするから今日1日は好きにしていてくれ」

从'ー'从「はーい」

この人が私のマスター。
真夜中でも朝方でも返事があるから、多分ずっと起きているんじゃないかな。
いつ寝てるのかなーってちょっぴり心配。

そうじをするようです   2008.09.15

( ´_ゝ`)「久しぶりに部屋の掃除でもするか……」

(´<_` )「む、掃除するのか兄者」

( ´_ゝ`)「おう、そろそろ部屋が腐界になりかけているからな。と、言うわけで、退け」

(´<_` )「把握した。何か手伝うか?」

( ´_ゝ`)「お前に手を出されたら片付くものも片付かんわ。早く出て妹者の宿題でも見て来い」

(´<_` )「なんだと、人が折角殊勝に手伝おうとしたのに」

( ´_ゝ`)「本棚を片付けてくれと言って本棚を破壊しつくす人種は掃除をすべきではない」

(´<_` )「だって片付けろと言われたら壊すしかないだろう」

( ´_ゝ`)「片付けるの意味が違うわ。正しく母者の血を引きおって。兎に角出て行け」

(´<_` )「分かったよ……じゃあこのうしおととらは借りていくぞ」

( ´_ゝ`)「破くなよ」

(´<_` )「誰が破くか」

(´<_` )弟者が昔話を語るようです   2008.09.15

あれはまだ俺と兄者が小学生の頃だ。
毎年夏になると俺と兄者は姉者に連れられて近所の海へ遊びに行っていた。
あの頃は兄者の引きこもりも酷いものではなく
ちょっと外に出るのが億劫なインドア野郎だった。

その日は姉者が家に忘れものをしてしまい
大人しく待っていろと言われた俺たちは
ゆるい日差しを東から浴びながら人気のない海の家のベンチで並んで待っていた。

( ´_ゝ`)その後兄者は弟者に蛙を食べさせたようです   2008.09.14

( ´_ゝ`)「…あれ?」
(´<_` )「どうした兄蛇」

( ´_ゝ`)「人を爬虫類のように扱わないでくれ」
(´<_` )「すまない兄邪」

父者の映画が完成したようです   2008.09.14


それでは明日公開の映画の予告編をご覧ください


     




   監督: スティーヴン・スピルバーグ





     




   主演: 父者


(´・_ゝ・`)は成り代わりたいようです   2008.09.14

ああ、どうしようこれ。
ていうか何だこの状況


(´・_ゝ・`)「……………」

( ´_ゝ`)「……………」

(´・_ゝ・`)「……………」

(;´_ゝ`)「……………」

風呂からあがってああサッパリ!
さぁ今宵もネットの海で泳ぐ萌え画像でもゲト、いやサルベージしてやるぜ!とwktkしていたというのに。
部屋に戻って電気をつけると、ベッドの上には見知らぬ男が鎮座していた。

そして何故かはわからないが男は全裸だった。

('A`)変なおっさんのようです   2008.09.12




                   ('A`) …
                   (ヽ/)
                   <●>

                ●
            ('A`)ノ ハッ !!
            (ヽ )
            <●> )))

         ●
         (('A`) ハッ !!
         (  /)
         <●> )))
       ●
   ('A`)ノ ハッ !!
   (ヽ )
   <●> )))


(('A`) ハッ !!
 (  /)
<●> )))


('A`)変なおっさんのようです

( ^ω^)悪魔ブーンの20時間のようです   2008.09.12


('A`) 悪魔っ子萌えー…尻尾掴むとビクンビクンするボンテージ羽根付き長耳ツンデレ娘萌えー…

('A`) 二次元は良いなぁ…

ピンポーン

('A`) おや…こんな時間に誰だ…

('A`) どちら様で

( ^ω^) 我輩は悪魔だお、しばらく人間である貴様を観察させてもらうお

('A`) 構いませんが…

('A` 三 'A`)

('A`) 悪魔のおにゃのこは…

( ^ω^) 人間界調査は我輩にのみ与えられた重要任務だから、人間界には絶対に来ないお!

('A`) これが三次元…これが現実…! 夢も、希望、何一つ許されないこの世界が…ッ!!

2:00 ドクオ、悪魔と接触し絶望を噛み締める

終わらないようです   2008.09.12


‐1‐

| ^o^ |「どうしました ブーム」

|  ^o^ |「しゅくだいが おわりません」

| ^o^ |「帰って 良いですか」

|  ^o^ |「だめです」

| ^o^ |「夏休み最終日に そんな事を言うのが おかしいのです」

|  ^o^ |「そこをどうか あと すこしなので」

| ^o^ |「仕方無い ですね」

|  ^o^ |「おんにきるぜ」


( ´_ゝ`)流石兄弟は悪戯好きのようです(´<_` )   2008.09.08

昔から、彼らはよく兄弟で悪戯をしていた。

( ´_ゝ`)『兄者がやったんだ』

(´<_` )『ああ、兄者がやったんだ』

从'ー'从『……どっちが兄者くんなのかな?』

( ´_ゝ`)『『どっちだと思う?』』(´<_` )

从'ー'从『どっちかなぁ?』

( ´_ゝ`)『『どっちでもどうでもいいじゃないか』』(´<_` )

从'ー'从『どうでもよくないよー?悪戯をしたらちゃんと怒られないといけないんだよ?ほら、どっちが兄者くん?』

( ´_ゝ`)『『じゃあ、どっちも兄者だ』』(´<_` )


    ( ´_ゝ`)流石兄弟は悪戯好きのようです(´<_` )


一家は今日も流石なようです   2008.09.08

( ´_ゝ`) 「…に、してもだな弟者」

(´<_` ) 「どうした兄者」

( ´_ゝ`) 「俺は今めちゃめちゃ腹が痛いのだ、今日の朝食った牡蠣があたったらしい」

(´<_` ;) 「それは突発的だな、やけに冷静なのは気になるが…トイレに行っトイレ」

(# ´_ゝ`) 「…何だ弟者、冗談も休み休み言…」

(´<_` ;) 「分かった分かったすまん兄者、しかし早めにトイレに行ったほうが良いのはガチだぞ」

( ´_ゝ`)兄者はシャセイを極めるようです   2008.09.08

閲覧注意(下ネタ的な意味で)

l从・∀・ノ!リ人妹者とバルーンのようです   2008.09.08

1歩間違えれば数十メートル下の硬い地面へまっさかさまな不安定な足場。
だが、女の子は恐怖など微塵も感じさせない涼しい顔で
もう長いこと、お気に入りらしいその場所から動かずにいた。

その屋上には、子供用の遊具がぽつぽつと置いてはあるものの、子供の姿はまったく無く
入り口付近に設置された、頼りない点滅を繰り返す自販機の前で
イチャつくカップルの姿が見えるのみである。

l从・∀・ノ!リ人「~♪」

カップルのことなどどこ吹く風といった様子で鼻歌を歌いだす女の子。
と、その背中に2つ同時に重なった声がかけられた。

『妹者』


女の子が振り返ると、そこには、顔も背丈も服装も、そっくり同じな2人の青年。
一体いつ現われたのだろうか?屋上への入り口が、開かれた形跡は無い。

( ´_ゝ`)「やっぱりここか」

l从・∀・ノ!リ人「あ!おっきい兄者にちっちゃい兄者!」

(´<_` )「何してたんだ?」

l从・∀・ノ!リ人「下の道路を眺めてたのじゃ!
       なかなかおもしろくて妹者は好きなのじゃ」

( ´_ゝ`)「そうか。何が見える?」

l从・∀・ノ!リ人「あそこを歩いてる男の人、
何度も口から丸い物をふくらませていて面白いのじゃ」

l从・∀・ノ!リ人 母なる海のようです   2008.09.08

l从・∀・ノ!リ人「海なのじゃ!」

初めて見たよ青い海
日差しを浴びてキラキラと
風の力を少々借りて
大きな波を作り出す

( ´_ゝ`)「そーだ海だぞ。ほら、ザッパーン!」

(´<_` )「妹者今のうちに水着だしとけ。ホテルに着いたらすぐ着替えられるようにしときな。」

l从・∀・ノ!リ人「もう着てるのじゃ!」

そう言いピンクのTシャツを捲って、
下に着た水着を得意げに見せる

( ´_ゝ`)「もう着てるのか。妹者はかしこいなぁ。」

l从‐∀‐ノ!リ人「へへんなのじゃ!」

(´<_`; )「ほらほら、危ないお兄さんに目つけられると大変だから早くしまいなさい。」

l从・∀・ノ!リ人「・・わかったのじゃ」

電車はガタゴトゆっくり揺れて
海の隣を駆けていく
空をのんびり飛ぶカモメ
ふわりふわりと楽しそう

∬´_ゝ`)「やっぱり東京に比べて涼しいわね。」

(´<_` )「ああそうだな。風がある。」

( ´_ゝ`)「窓開けるか。」

∬´_ゝ`)「そうね。じゃ、妹者ちょっとどいて。」

l从・∀・ノ!リ人「わかったのじゃ。」

( ´_ゝ`)「ん・・よっ!」

兄者がガタリと窓を開け
元気な海とご対面
そよそよ優しく潮風が
電車の中にやってきた
«  | HOME |  »