証券 K.2nd:2008年07月30日
FC2ブログ

K.2nd

とまってます

TOP > 2008年07月

ドクオのちょっと不思議な骨董品屋のようです    2008.07.30


( ^ω^)「おいすー」

('A`)「いらっしゃいま……なんだブーンか」

( ^ω^)「なんだとは失礼な、一応客だお!」

( ・∀・)「あ、いらっしゃいませ、店長知り合いですか?」

('A`)「まぁ昔ちょっとな……」



ドクオのちょっと不思議な骨董品屋のようです

スポンサーサイト



ξ゚⊿゚)ξの願い事、のようです   2008.07.30

さらさらと笹の葉。
吹く風にさらされ。
ともすれば飛ばされそうに。


ξ゚⊿゚)ξ 短冊……か。

女の呟きは暗い空へと吸い込まれる。

川 ゚ -゚)クーがプリンを食べるようです   2008.07.30


川 ゚ -゚)クーがプリンを食べるようです


クーは甘いものが嫌いだった。
その中でもとくにプリンは、ほとんど大嫌いといってもよかった。
彼女が、その、円錐をまよこに切ったかたちの、
黄色いお菓子を嫌いになったのには訳があった。

彼女の実家は東京の島嶼地方だった。
高校に上がるときに上京したのだが、
彼女の住んでいた島には定期船が出入りしていて、
郵便やお菓子などを運んでいた。

彼女が5歳の時の夏、遊びから帰ってきた彼女は、
定期船で運ばれてきたプリンを食べて、3日寝込んだ。


真夏ということもあって、プリンの原料の卵が原因らしいと、
祖母が言っていたのを彼女は覚えている。
腹を壊して寝込んだのは、彼女だけではなかった。
島全体で、プリンを食べた子供がほぼ全員
食中毒をおこし、結構な騒ぎになった。

幸い誰も命に別状はなく、クーも3日後には
外を跳ね回っていた。
以来、彼女の母親はことあるごとにその話を持ち出しては
彼女の健康ぶりを褒め称え、
日ごろの行いが良かったのだと言った。
それが社会人になっても続くものだから、
彼女はいい加減うんざり気味ではあったが。

そしてそれ以来、彼女の意識の深い所には、
彼女自身もどうしようもないところで
プリンに対するマイナスのイメージが
刻み込まれたのだった。

«  | HOME |  »