証券 K.2nd:2008年07月26日
FC2ブログ

K.2nd

とまってます

TOP > 2008年07月

川 ゚ -゚)lw´‐ _‐ノvノパ⊿゚) 姉妹のしりとりのようです   2008.07.26

川 ゚ -゚)「しりとりしないか」
スポンサーサイト



**のようです   2008.07.26

( ゚∀゚)「うーす」

( ^ω^)「わんばんこだおー」
ξ゚⊿゚)ξ「いつの時代よ、こんばんはジョルジュ」
(,,゚Д゚)「おう、やっと来たか!」

( ゚∀゚)「ギコに言われた通り好きな食いもん持ってきたぜ!何すんだ?」

( ^ω^)は塔を立てたようです   2008.07.26


「塔」と学校。
学校の屋上から伸びる、2本の鉄製ロープ。
1本は塔の頂上へ。
1本は塔の根本へ。

男は塔を立てた。
立てた男は言った。










( ^ω^)「これで登下校が楽になるNE!!!」





( ^ω^)は塔を立てたようです

( ・∀・)と川 ゚ -゚)は進んでいくようです   2008.07.26


( ・∀・)「この世界は、腐っている」

ぎらぎらと自己主張する太陽を遮る物は無く、曝されている地面が熱を反射していた。
ただでさえ今日は暑いというに、それらが熱気を更に高めている。
そんな、何もない荒野を歩きながら、呟いた。

川 ゚ -゚)「またそれか」

そして、僕がそう呟くと、彼女は呆れたようにそれを言う。
このやり取りは、日常の一部だった。

( ・∀・)「何度でも言うよ。この、世界は、どこまでも、腐っている」

川 ゚ -゚)「君のその理論は聞き飽きたよ」

( -∀-)「……つれないなあ」

軽く眉をしかめ、やれやれと肩を竦めてみる。

川 ゚ -゚)「そりゃ、毎日同じ事聞かされてみろ、飽きるぞ?」

( ・∀・)「毎日言ってるけれど、僕は飽きないよ?」

川 ゚ -゚)「脳髄凍らすぞ」

と、他愛のない会話をしながら、僕は笑い、彼女はぼんやりと空を見上げる。

( ・∀・)「それにしても、」

会話が途切れたので、何か話題をふろうと話し掛けてみる。
こちらを向いた彼女が、ん? と無表情に首を傾げた。

( ・∀・)「最近は物騒だね」

ああ、と頷いて、相槌をうたれる。
«  | HOME |  »