証券 K.2nd:2008年07月21日

K.2nd

とまってます

TOP > 2008年07月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

从 狭間のようです 从   2008.07.21



その逢瀬は、唐突だった。



その日、俺は地下鉄のホームへ続くエスカレーターを目指す雑踏から離脱した。
階段へ向かう通路には人気がなく、まるで別世界に迷い込んだようだった。
身体に溜まりだしたいらないものを少しでも落とすべく、俺は自動階段に頼ることを辞めたのだ。

そこで、俺は一人の女に出くわした。
彼女は通路で一人、ひんやりとした地に手足をつけて、もぞもぞ動いていた。

俺は、彼女と一緒に、彼女の切符を探した。
俺は壁際に切符が挟まっているのを見つけた。

彼女は俺にありがとうと言い、ふくふくと笑った。
俺は、ぎこちなく笑った。

俺と彼女は連れ立って歩きだした。
俺が階段を一段下りたとき、彼女の手からまた切符が離れた。
俺はそれに手を伸ばすと同時にバランスを失った。





从 ゚∀从「おっと!」

(;'A`)「うおおっ!」

俺は咄嗟に伸びてきた手を掴み返した。

俺は階段の狭い範囲で猛烈にターンし彼女に倒れ込んだ。

从*゚∀从「おぉ…」

(;'A`)「わわわ! すみません!」

俺が世にも情けない声で謝りながら飛び退くと、彼女は服をぱんぱんと払い、立ち上がった。
そして、ぼさぼさな髪の隙間から見えるきりりとした目で俺を睨み、唸るように言った。

从 ゚∀从「許せねえなあ…」
    
(;'A`)「えぇ!?」

俺は身を強張らせた。
見知らぬ女性を故意ではないにせよ、押し倒してしまった代償はやはり大きいだろう。



しかし、彼女の口から出た言葉は意外だった。

从 ゚∀从「罰として、一緒にお昼ごはん食べよう。割り勘で」

(;'A`)「わ、わかりました。えっ?」

彼女は、俺と「お昼ごはん」を食べようと言ったのだ。
自分でもよくわらぬまま、彼女の誘いを承諾してしまっていた。

从 ゚∀从「よし、んなら行くぞっ!」

彼女はそう言うと俺の手を掴み、壁側を向いた。
そこには、いつの間にか鉛色の扉が存在していた。
彼女はその取っ手に手をかけた。

从#゚∀从「ふんっ!」

物々しい鉄の扉が音を立てながらゆっくりと開き、薄暗い通路に光が差し込む。
扉の向こう側は真っ白な世界だった。
彼女はきつく俺の手を握り直すと、そこへ大きく踏み込んだ。

彼女に手をひかれ、俺は光の世界へ飛び込んだ。
誰かの強烈な視線を感じながら。


スポンサーサイト

('A`)のお嫁さんのようです   2008.07.21

从 ゚∀从 おードクオ大きくなったな

('A`) 5さいになった

ξ゚⊿゚)ξは○○のようです   2008.07.21

(*゚ー゚)「ブーンくん!終わったわよぉw」

( ^ω^)「うっほほwしぃちゃんは仕事が速くていいお」

(*゚ー゚)「やぁーん☆ありがとう」

ξ#゚⊿゚)ξ「ちょっと!やめてよブーン。しぃと会話するのは!」

川 ゚ -゚)滅びの美のようです   2008.07.21

少し閲覧注意(流血的な意味で)

ドクオとおにぎりのようです   2008.07.21

米の一粒一粒に天の恵みがぎゅっと詰り、塩を薄くあわせるだけでもそれ以上ない、シンプルでそしておいしい食べ物。それが、おにぎり。
また、そのおにぎりの具も、最近はシーチキンマヨネーズやらカルビやらが出ているが、やはり一番美味いのはおかか、そして梅干しだ。
パリッとした海苔の風味、そして口いっぱいに広がる米の甘味、それに梅の塩気。
古代から、日本人に愛されてきたこの食べ物こそ、至上の一品といえよう。

総合イラスト 5月26日(擬人化)   2008.07.21

5月26日に立ったスレのイラスト 9枚

総合イラスト 5月26日(AA体)   2008.07.21

5月26日に立ったスレのイラスト 16枚
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。